メインメニューを開く

ロスト・ロビン・ロンド

  • スペル:Lost Robin Rondo

いつも久遠寺有珠の近くにはべっている、青いコマドリ。通称「ロビン」。

略歴
有珠が所有している使い魔・プロイキッシャーの内の一体。マザーグースの「クックロビン(誰が駒鳥を殺したか?)」を由来とする古参のプロイで、製作者は不明だが、少なくとも有珠の母にも仕えていた。有珠とは14年前に知り合ったと語っている。
人物
でっぷりとした青い駒鳥の姿。
知性を有しているが、基本的に頭は悪い。「〜ッス」という三下口調。古参のプロイだが、鳥頭で記憶容量が少ないためか、昔のことはあまり覚えていないらしい。むしろ三秒前のことすら忘れる。基本的には有珠の指示に従って行動するが、勝手に余計なこともする。そしてお仕置きされる。
有珠の母を「マイ女神」、有珠を「マイ天使」と呼んで慕っているが、有珠からは「駄鳥」と呼ばれ、役立たずとして散々な扱いを受けている。
能力
原典に準じて、探偵役と被害者役の能力を持つ。
二十四羽のムクドリ「シックス・スィング・チョコレイト」のように広範囲をカバーすることはできないが、夜目が利き、特定対象の監視・追跡に長じている。有珠から散々に役立たずと言われているが、追跡能力が椋鳥よりも上であることは有珠も認めている。また、素行調査と称して有珠の日記を盗み見ているらしい(当然、お仕置きされる)。
得意技は「殺されること」。敵からの攻撃を身代わりに受ける「空蝉」の能力を持ち、短時間だけ、身代わりを務める人物に変身できる。ただし、原典による縛りで「一度に一回しか殺されない」という制限があり、連続使用はできない。
普通の人間にはロビンの言葉は聞こえず、有珠や蒼崎青子メイ・リデル・アーシェロットといった魔術師らとのみ会話が可能。しかし何故か一般人である静希草十郎も言葉が解る。草十郎のことは「シャバ僧」と呼んでいる。

登場作品と役柄

魔法使いの夜
久遠寺邸に住むよくわからない生き物。
番外編「なぜなにプロイ」ではアリスの相方を務める。
ちびちゅき!
マイ天使からの風当たりが強いことを気にしてプチ家出。両儀未那の探偵事務所を訪れるが…

人間関係

久遠寺有珠
マスター。

名台詞

メモ

  • 自然界には青い色をしたコマドリは存在しないらしい。
  • 「10周年記念 TYPE-MOONオールキャラクター人気投票」ではこのコマドリの順位を当てると抽選で「TYPE-MOON Fes.のペアチケット」(各日1名ずつ)、「スタッフサイン入りTYPE-MOON Fes. パンフレット」(10名)がプレゼントされる「コマドリチャンス」なる企画があった。ちなみに順位は50位。

話題まとめ

商品情報

リンク