メインメニューを開く
イザベル・ヴトン
性別 女性
声優 石井未紗
初登場作品 Fate/Apocrypha
テンプレートを表示

目次

概要編集

フランスを救った聖女であるジャンヌ・ダルクの母親。

略歴
ジャンヌ・ダルクに関連して、シェイクスピアやメフィストフェレス等によって再現されたり呼び出されたりすることが多い。
後に『Fate/Grand Order -turas rèalta-』にて生前の本人が登場した。
人物
あまり描写は多くはないが、娘に対しては深い愛情を抱いており、戦いに身を投じる彼女に心を痛める描写もあった。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

Fate/Apocrypha
ウィリアム・シェイクスピアの手によって、ジャンヌの心を折るために再現された。
Fate/Grand Order
コミカライズ版『-turas rèalta-』のオルレアン編にて登場。
また、ゲーム中のジャンヌの幕間の物語にて、メフィストフェレスの手によって彼女への試練のために呼び出されていた。

人間関係編集

Fate/Apocrypha編集

ウィリアム・シェイクスピア
ジャンヌの心を折るために再現された。

生前編集

ジャンヌ・ダルク
娘。「ジャネット」とかつては呼んでいた。
神の啓示を受けて戦いに身を投じる彼女を涙ながらに見送った。

名台詞編集

メモ編集

  • 娘の死後、ジャンヌ・ダルク復権裁判をジャン・ブレアル異端検察総監と共に1452年に要請し、1455年11月7日に正式に開始された。そして翌年の1456年6月の最終的な審理でジャンヌの無罪を勝ち取る事に成功し、復権が宣言された。娘の死後、25年目のことだった。
    • 娘の復権を見届けた2年後にオルレアンで死去。
    • 上記の漫画版ではファヴニールのブレスによって街ごと吹き飛ばされてしまったのだが、シャルル七世も死んでしまっている状態で、特異点修復後の復権裁判はどのように辻褄が合わされるのであろうか。

話題まとめ編集

脚注編集

注釈編集


出典編集


リンク編集