メインメニューを開く
シールダー
真名 ギャラハッド
性別 男性
声優 堀江瞬
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

目次

概要編集

Fate/Grand Order』でマシュ・キリエライトと融合したサーヴァント
カルデアによる英霊召喚成功例第ニ号。

略歴
Fate/Grand Order』本編から6年前にカルデアによって召喚され、デミ・サーヴァントの素体として生み出された10歳のマシュに融合させられた。無茶な実験故に他の実験体が失敗していく中、ギャラハッドは命を弄ぶ非情な行いに憤りを露わにしながらも、その高潔さ故に自分が英霊の座に退去すれば死んでしまうであろう幼いマシュの犠牲を良しとせず、サーヴァントとして発現せずにマシュの中で眠ることで彼女の命を延命させた。
その後、『プロローグ』でレフ・ライノールの仕掛けた爆弾によってでマシュが瀕死の重傷を負った際に、最期まで彼女に寄り添おうとした主人公の行動に心を打たれ、マシュに人理焼却の原因を解決することを条件にサーヴァントとしての能力を譲渡し消滅した。
聖杯探索の間も意思は示さずともマシュの中に何らかの形で存在し続けていたが、ゲーティアとの決戦以後はそれも失われた。
人物
命を弄ぶ非情な行いに憤りを露わにしながらも、自分が英霊の座に退去すればマシュも死んでしまうため、彼女の命を延命させるために現界を続ける高潔さを持つ。
生前の知己であるベディヴィエールが言いかけた「円卓一のてんね…」という評価や、父・ランスロットへのマシュの態度などから、断片的に人物像が伺える。

バリエーション編集

ギャラハッド〔オルタ〕 編集

Fate/Requiem』に登場した、「最も聖なる騎士」の称号を捨てたギャラハッド。こちらはシールダーではなくセイバーであり、盾は持っていない。
しかし「少女と融合して戦う」「融合した少女に露出度の高い鎧を着せる」という共通点がある。

詳細は「ギャラハッド〔オルタ〕」を参照。

登場作品と役柄編集

人間関係編集

Fate/Grand Order編集

主人公 (Grand Order)
自分と融合したデミ・サーヴァントのマスター。
マシュが瀕死の重傷を負った際に、最期まで彼女に寄り添おうとした主人公の行動に心を打たれ、マシュにサーヴァントとしての能力を譲渡する切っ掛けとなった。
マシュ・キリエライト
自分と融合させられたデザインベビー。
霊基から感情面で影響を与えており、ランスロットに対していつものマシュからは信じられないほどの辛辣な言動をさせている。
ランスロット
同じ円卓の騎士にして父親。
辛辣な対応をしていたそうで、父とも呼ばず「親を親とも思わない口調」で対応されていたらしい。

名台詞編集

Fate/Grand Order編集

「諦めろ。君たちに守れる人理はない」
「かつて魔術王はこう言った”何もしないことが君たちの幸福”だと。その言葉をもう一度繰り返そう。僕たちの歴史は未来に続くことはないのだと」
2017年末の特番アニメ『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』でサプライズ出演を果たした際の台詞。
かつての彼の人物評からは遠くかけ離れた冷酷な宣告を藤丸に向かって突き付ける。
また、藤丸のことを正しい歴史から訪れた『漂流者』と呼んでおり、第2部で訪れた脅威である『異聞帯』のサーヴァントであることが示唆されている。

メモ編集

  • 『Stay night』の頃から「ガラハッド」表記で名前だけは出ており、ラーンスロット、パーシヴァルと並んで聖杯探索の為に用意された新騎士という説明がされていた[出 1]
    • 『Garden of Avalon』で言及された際には「ガラハッド」から「ギャラハッド」表記に変更されていた。
  • 2017年の年末アニメ『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』では「聖盾の騎士」とクレジットされており、ギャラハッドとは確定されていない。ただファンの間ではそのビジュアルからほぼ間違いないだろうと推定されている。
    • この時は何故か主人公(藤丸)に対して敵対した上、上記の様な彼の人物評からはとても考えられない冷酷な言葉を口にして主人公や多くの視聴者たちに少なくない不安感を植え付けた。
      また、作中で主人公が訪れたロストルームは「失われたものを見る。あるいは失うものを見る。」という怪談があるが、果たしてこれはどういう事なのだろうか…?

脚注編集

注釈編集


出典編集

  1. 『Fate/side material』P.61 Fate用語辞典 サー・ベディヴィエール

リンク編集