メインメニューを開く
トレヴァー・コドリントン
性別 男性
初登場作品 ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
テンプレートを表示

目次

概要編集

魔術師一族であるコドリントン家の魔術師

略歴
コドリントン家が所有するマーベリー工房の事件で言及されている。
彼が原因不明の死を遂げ、彼が構築したマーベリー工房が息子のウィルズに相続された事が事件の発端となった。
実はマーベリー工房は彼の生前に付近の死霊を妖精の眷属であるブラックドッグに変換し、ウィルズに移植された妖精眼の力を増幅して自在に行使する、という目的の為に作られたものであった。
この事に激怒したフェイが彼を殺したが、工房を止める事が出来ずに逆に暴走した、というのが事件の真相であった。
人物
自身の息子を工房を駆動させる生きたパーツにしたり、死霊や生きている人間を材料にして妖精を造り出したりと、魔術師らしい性格のようである。
能力
本編開始時には既に死亡しているため、実力の程は不明。
工房で生み出されたブラックドッグは実戦派の魔術師でなければ不意をついて殺せるほどの実力はあるようで、目論みが上手くいけばそれを大量に行使できるようになるはずであった。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
アニメ版では第四話、第五話で言及されるが、故人であるため直接の登場はしていない。

人間関係編集

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿編集

ウィルズ・ペラム・コドリントン
息子。彼にマーベリー工房を残した事が事件の発端となった。
幼少時に妖精眼を彼に移植しており、工房の用途を考えると魔術師的には大事にしていたようである。
フェイ
マーベリー工房近辺の土地に元から住んでいた妖精。
工房を作った事で付近の死霊がブラックドッグに変わってしまい、それに怒った彼女に殺害されてしまった。
獅子劫界離
旧知の間柄の魔術師。
ドクター・ハートレス
スポンサー。見返りに地脈の操作方法を教授していた模様。

名台詞編集

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿編集

メモ編集

脚注編集

注釈編集


出典編集


リンク編集