メインメニューを開く

概要編集

Fate/Apocrypha』に登場した魔術師赤のアーチャーを召喚したマスター。

略歴
Fate/Apocrypha』では魔術協会の要請で聖杯大戦に参加したが、シロウの奸計によってセミラミスに精神干渉の毒を盛られ、認識を歪められサーヴァントを召喚する前から傀儡と化していた。
赤のアーチャーを召喚するが、大聖杯の強奪後は、聖杯大戦は赤陣営の勝利で終わったと思い込まされて令呪を奪われ、完全にマスター権を乗っ取られる。
人物
銀蜥蜴シルバーリザード』の二つ名を持つフリーランスの魔術師。丸いサングラスの男性。
過去に亜種聖杯戦争に参加した際は「気に食わない」という理由で自身の依頼人を含めた参加者全員を皆殺しにした残虐な男。
動物、それもトカゲに執着している。そのためか、本人曰く「暗く。湿ったところが好き」とのこと。
能力
顔以外の急所の大半を皮膚を変換した銀の鱗で覆っている。防御力は極めて高く、五騎分の魔力が集まった聖杯の暴走による爆発に巻き込まれても五体満足で生還している。ただし、流石に聖杯の爆発はダメージが大きかったらしく、本調子に戻るまでに二回は脱皮する必要があった。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

Fate/Apocrypha
赤のアーチャーを召喚したマスター。

人間関係編集

獅子劫界離
同じフリーランスの魔術師として共闘したり対立したりする間柄。
赤のアーチャー
『Fate/Apocrypha』にて召喚したサーヴァント
しかし早々にシロウの手に落ちていたため交流は無いに等しく、彼女からは不甲斐ないマスターとしてあっさりと見捨てられてしまった。
シロウ・コトミネ
『Fate/Apocrypha』で同じ赤の陣営のマスターだったが、上記の経緯で令呪を奪われてしまった。
赤のアサシン
上記のシロウ・コトミネのサーヴァント。彼女の毒で傀儡にされてしまった。
ロード・エルメロイⅡ世
とある世界で、魔術オークションにまつわるトラブル解決で助けてもらった相手。
ローランド・ベルジンスキー
上記のトラブル解決の礼として、エルメロイ教室に所属することになった親族。

名台詞編集

メモ編集

脚注編集

注釈編集


出典編集


リンク編集