メインメニューを開く

差分

346 バイト追加 、 2016年2月22日 (月) 02:00
:量産性も高く、ドイツ第三帝国は聖杯戦争のためにこの兵器を大量生産しており、擬似英霊の軍勢が帝都に大挙として押し寄せる。
:漫画的な描写としての特徴は英霊の頭に偽の文字がつく。
:本編でも[[クー・フーリン]]による試作型や、「総統」に率いられた軍勢が登場したものの、前者は混ざった人格に引っ張られた結果[[沖田総司|セイバー]]に瞬殺され、後者ももれなく神性スキルを持っていた為に[[織田信長|アーチャー]]独りに殲滅された。
== メモ ==
11,393

回編集