メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
*CV:白石涼子
『[[Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ]]』に登場する、[[エインズワース家]]のドールズの一人。<!--ジュリアンの姉。-->
;略歴
<!--
: 「アンジェリカ・エインズワース」は既に死亡しており、彼女の意識は「置換魔術(フラッシュ・エア)」によって人形に宿った。
-->
:『ツヴァイ!』のラストにて[[子ギル]]戦の直後に[[ベアトリス・フラワーチャイルド]]と共に登場し、[[美遊・エーデルフェルト]]を連れ去るという衝撃的な登場をする。
:『ドライ!!』では平行世界に舞台を移し、エインズワース家に乗り込んできた[[イリヤスフィール・フォン・アインツベルン (プリズマ☆イリヤ)|イリヤスフィール・フォン・アインツベルン]]らと戦う。
;人物
:エインズワース家の人間の中では理性的で話が通じやすいが、人間味が非常に薄い。エインズワース家の人間の中では理性的で話が通じやすいが、<!--「置換魔術(フラッシュ・エア)」の影響によって感情の九割を喪失しており、「人形」と形容するほど-->人間味<!--や意思主張が-->が非常に薄い。
:「アンジェリカ」ではなく「エインズワース家の一員」として話をする傾向があり、全体的に慇懃で上から目線の喋り方をする。
:ただし上記はギルガメッシュの[[クラスカード]]の影響もあると思われ、クラスカードが外れた後は意思主張が非常に薄くなる。
;[[ジュリアン・エインズワース]]
:仕えている主人。仕えている主人<!--であり、弟-->。
;[[エリカ・エインズワース]]
:見ていられず連れて行くことにしたイリヤ達にそれで良いかと訊かれた際に発した言葉。
:イリヤ達への敵意どころかすべての自我が消失し本人が言うように人形状態。この姿には最早イリヤ一行の誰もが哀れとしか思えなかった。
<!--
:そしてこれは、アンジェリカは既に人形に「置換」されたことを暗示する台詞とも言える。
-->
== メモ ==
10,592

回編集