差分

4 バイト追加 、 2017年10月19日 (木) 01:20
52行目: 52行目:  
:「卑王」の異名を持つブリテン王の一人。戦乱の最中にあるブリテンに、大陸から流入してきたサクソン人を招き入れて統一を目指し、さらなる混乱を生み出した。<br>白き竜の血を飲み、ブリテン島の意思と同化して魔竜と化し、ブリテンを守護するために人間を滅ぼそうとした恐るべき王。<br>「約束された勝利の剣」と「転輪する勝利の剣」といった聖剣の光を喰らい、ただの一撃で[[ガウェイン]]を地に伏せ、二人の騎士を除く遊軍を全滅に追い込んだ。<br>[[アルトリア・ペンドラゴン]]が単独で数時間粘り、復帰した[[ガウェイン]]と[[アルトリア・ペンドラゴン]]が同時に放った聖剣で動きを封じられ、[[聖槍|聖槍ロンゴミニアド]]で仕留められてしまう。
 
:「卑王」の異名を持つブリテン王の一人。戦乱の最中にあるブリテンに、大陸から流入してきたサクソン人を招き入れて統一を目指し、さらなる混乱を生み出した。<br>白き竜の血を飲み、ブリテン島の意思と同化して魔竜と化し、ブリテンを守護するために人間を滅ぼそうとした恐るべき王。<br>「約束された勝利の剣」と「転輪する勝利の剣」といった聖剣の光を喰らい、ただの一撃で[[ガウェイン]]を地に伏せ、二人の騎士を除く遊軍を全滅に追い込んだ。<br>[[アルトリア・ペンドラゴン]]が単独で数時間粘り、復帰した[[ガウェイン]]と[[アルトリア・ペンドラゴン]]が同時に放った聖剣で動きを封じられ、[[聖槍|聖槍ロンゴミニアド]]で仕留められてしまう。
   −
;お竜
+
;[[お竜]]
 
:[[坂本龍馬]]の宝具『天駆ける竜が如く』そのものであり、生前の彼に付き従った竜。真名解放とともに巨大な竜へと変貌する。竜に近くはあるものの、厳密には竜とは異なる存在であり、竜種一歩手前の蛟などのもののけのたぐい。
 
:[[坂本龍馬]]の宝具『天駆ける竜が如く』そのものであり、生前の彼に付き従った竜。真名解放とともに巨大な竜へと変貌する。竜に近くはあるものの、厳密には竜とは異なる存在であり、竜種一歩手前の蛟などのもののけのたぐい。
 
:正体はとある山に天逆鉾によって封印されていたもののけで、鉾を引っこ抜いて自身を助けてくれた[[坂本龍馬]]に一目惚れし、恩返しを口実に押しかけ女房になったとか。龍馬の最期には運悪くそばを離れていたため助けることができず、悲しみに暮れた彼女は人知れず海の底に消えたという。
 
:正体はとある山に天逆鉾によって封印されていたもののけで、鉾を引っこ抜いて自身を助けてくれた[[坂本龍馬]]に一目惚れし、恩返しを口実に押しかけ女房になったとか。龍馬の最期には運悪くそばを離れていたため助けることができず、悲しみに暮れた彼女は人知れず海の底に消えたという。
14,317

回編集