メインメニューを開く

差分

聖杯戦争

201 バイト追加, 2017年10月28日 (土) 02:21
*召喚される英霊数は冬木のものには届かず、わずか二騎で行われるものから相当の規模である五騎までと様々である。
*大雑把に百の聖杯が作成された場合、九十五が途中で頓挫、残り五つのうち四つが不完全で暴発、最後の一つが冬木とは比較にならないほど劣化した儀式として成立するらしい。
**ちなみに額面通りに受け取ると、単純計算で一回の亜種聖杯戦争の裏には'''99の失敗'''が存在する事になる。
*そんな劣化聖杯で呼び出されるサーヴァントにとってはたまったものではなく、召喚を拒絶するサーヴァントやマスターに叛逆するサーヴァントも多数存在する。
*霊脈の関係上、サーヴァントが冬木の聖杯戦争ほど実力を発揮できない場合が多く知名度補正の影響が大きいため、地元サーヴァントの触媒争奪戦になることが多い。例えばギリシャにて開催された場合「ヘラクレスの触媒」の取り合いによって聖杯戦争開催以前に勝負が決するため、実質単なる魔術師同士の魔術合戦と化すという。
*初期においては「暗殺者の春」と呼ばれるほどにアサシンによるマスター殺しが猛威を振るった。
*具体的な開催頻度は不明だが、「度重なる召喚でハサン全員の宝具が解析され、対策が広まっている」という設定がある事から、少なくとも上記の通り具体的な開催頻度は不明だが、「度重なる召喚で19人のハサン全員の宝具が解析され、対策が広まっている」という設定がある事から、少なくとも上記の通り'''アサシンとしてハサンが召喚されるかも怪しい'''環境下で'''ハサン達が一通り召喚・対策される'''ぐらいには頻繁に起きている模様。ぐらいには頻繁に起きている模様。成功率1%でよくやるものである。
;迷宮の聖杯戦争([[Fate/Labyrinth]])