メインメニューを開く

差分

ハサン・サッバーハ〔静謐のハサン〕

サイズ変更なし, 2017年11月2日 (木) 21:27
**パラケルススは「'''貴方は、愛歌さまでなくとも良いのでしょう?触れて、死なぬモノであれば何でも良かった'''」と直球でぶつけている。最終的に静謐はパラケルススが促す「(愛歌への想いは)愛でも想いでもない。願いでもあれば似て非なるもの」である指摘を承知しつつも、沙条愛歌なくしては知り得ないことであったとしてプロトセイバーとの決戦に挑む。一方で巽に対して想いを抱き、彼の妹が東京もろとも死に瀕するのは嫌だという感情に揺れる。
*他のサーヴァントが個人差によってバラつきがあるもののほかの作品に関する記憶を有しているが、『Grand Order』における静謐のハサンは『蒼銀のフラグメンツ』に関する記憶を持っておらず、バレンタインイベントにおいても「第六特異点での虚ろな思い出以外が召喚された記録がない」と当人から明言されている。
**この件について彼女の幕間の物語において「愛を知った静謐のハサンは二度と召喚されることがない。その思いを抱いて永久に眠り続けるのみ。聖杯や特殊な魔術式を用いて召喚を行っても、応えて限界するのは別の<RUBY><RB>霊基</RB><RT>かのじょ</RT></RUBY>となる」との説明がなされた。
**もし仮に『Prototype』シリーズと『Grand Order』とコラボした場合、『生粋の人類悪』として沙条愛歌とカルデアが事を構えた場合、『蒼銀のフラグメンツ』における記憶を蘇らせたりしたら最も多大な余波を残しそうなキャラである。
**この件について彼女の幕間の物語において「愛を知った静謐のハサンは二度と召喚されることがない。その思いを抱いて永久に眠り続けるのみ。聖杯や特殊な魔術式を用いて召喚を行っても、応えて限界するのは別の<RUBY><RB>霊基</RB><RT>かのじょ</RT></RUBY>となる」との説明がなされた。
== 話題まとめ ==
10,592

回編集