メインメニューを開く

差分

ハサン・サッバーハ〔静謐のハサン〕

198 バイト追加, 2018年2月1日 (木) 22:54
他の正式なハサンとの重大な相違点である為仮面の下の顔の件追加
: この能力は自分の意志では完全に制御することは出来ず、触れた者に無差別に作用してしまう。また、この効果は犠牲者の体にまで残留し、遺体に触れた者にも被害が及ぶという。
: 生前はこれほどまでに強力な毒ではなく、英霊となることで昇華されている。毒を揮発させ標的に吸わせるための毒の舞も、生前は至近距離で舞うことで標的の身体の幾らかを痺れさせると共に思考を性の方向へと傾けて自分を襲わせ、その後仕留めるための準備に過ぎなかった。
: その暗殺方法(ぶっちゃけて言えば'''理性を外して襲わせる''')の関係上他の歴代ハサンとは違い顔を潰しておらず、仮面の下は素の顔である。
: また、一度きりの自爆技として、至近距離で自身の肉体を四散させる事で大量の毒を相手に浴びせかけるちう隠し技も持っているが、(当たり前だが)基本的には使用されない。
: 『フラグメンツ』において伊勢三の一族を襲撃した際は、愛歌によって細工が施されたことで、毒が魔術回路の存在を感知すると変化・変質し触れた魔術回路を絶対死の回路に組み替えることで、対毒の準備をしている魔術師であろうと死に至らしめる、より凶悪なモノと化した。
匿名利用者