メインメニューを開く

差分

子ギル側の記述と整理・統合
:::子ギルを拘束するのに使用するが、その直後に支配権を奪い返される。
::;乖離剣エア/ 天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)
:::地獄の原典にして、世界を切り裂いた剣。
:::固有結界を展開した衛宮士郎に対して使用し、波濤のように押し寄せる剣群を鎧袖一触に切り裂いた。
::;イガリマ
:::シュメールの戦の神ザババが使用していた「翠の刃」。「斬山剣」の異名を持つ無骨な巨剣。詳細は[[子ギル (プリズマ☆イリヤ)]]参照。:::ザババの子供の神の名とも言われているが、関係性は不明。あるいは、乖離剣エアのように無銘の剣に名前をつけた可能性もある。:::「斬山剣」の異名を持つ巨大な剣。『ツヴァイ!』終盤で子ギルが使用した際に破損したため、真ん中で折れている。:::大質量を用いた斬撃を繰り出すが、実際は「地平線」の概念を持つ神造兵装。おそらくは真名解放により、刃から「天と地が絶対的に分たれている」という理が現出し、それによって文字通り千の山を斬り拓くことすら可能。『ツヴァイ!』終盤で子ギルが使用した際に破損し、アンジェリカに所有権を奪われた後も折れたままとなっている。
::;シュルシャガナ
:::シュメールの戦の神ザババが使用していた「紅の刃」。:::ザババの子供の神の名とも言われているが、関係性は不明。あるいは、乖離剣エアのように無銘の剣に名前をつけた可能性もある。:::捩れた本体から炎が複数の刀身を形成し、敵を切り裂く巨大な剣。別名「斬海剣」。:::イガリマが「地平線」の概念を持つのと対になるように「水平線」の概念を持つ神造兵装。おそらくは真名解放により、「空の青と海の青が溶け混じり合う領域」が暁の方向性を持って現出し、すべてを溶かし、焼き払う。「斬海剣」の異名を持つ炎の巨剣。詳細は[[子ギル (プリズマ☆イリヤ)]]参照。
::;投影宝具
::;身隠しの布
:::身にまとうことで視覚情報を遮断して透明になる布。詳細は[[子ギル(プリズマ☆イリヤ)]]参照。
:::元々は子ギルの方が持っていたが、置いて行ったのを拾い、イリヤを拉致するのに使用する。
:::……が、『王の財宝』の中に仕舞ってしまったために奪い返されてしまった。
1,466

回編集