差分

144行目: 144行目:  
;「……オレに、殺しを愉しむ趣味はない。すべて仕事だ。簡潔に済ませろ」
 
;「……オレに、殺しを愉しむ趣味はない。すべて仕事だ。簡潔に済ませろ」
 
:アサシンの毒手から回復した主人公のサーヴァントを目の当たりにして。
 
:アサシンの毒手から回復した主人公のサーヴァントを目の当たりにして。
:再び仕留めようとするが、学園内であった故に、ここでは[[言峰綺礼#言峰神父(EXTRA)|言峰]]の邪魔が入る。
+
:再び仕留めようとするが、学園内であった故に、ここでは[[言峰綺礼 (EXTRA)|言峰]]の邪魔が入る。
    
;「……やはり、理解できん。その実力で、なぜアサシンと打ち合える……?<br> ……レオがおまえを目に掛けるのは、おまえが凡人だからだ。だが――<br> なぜだ。おまえはそれ以外の理由で、オレの気を苛つかせる」
 
;「……やはり、理解できん。その実力で、なぜアサシンと打ち合える……?<br> ……レオがおまえを目に掛けるのは、おまえが凡人だからだ。だが――<br> なぜだ。おまえはそれ以外の理由で、オレの気を苛つかせる」
975

回編集