差分

11 バイト追加 、 2019年5月18日 (土) 19:08
16行目: 16行目:     
==[[Fate/Grand Order]]における彷徨海==
 
==[[Fate/Grand Order]]における彷徨海==
人理焼却の解決後、2018年に世界が滅びることを予測した[[シオン・エルトナム・アトラシア|シオン・エルトナム・ソカリス]]が、唯一その影響を免れ得る場所として来訪。エントランス付近の利用許可を得て、来るべき日にカルデアを迎える準備を整えていた。<br>
+
人理焼却の解決後、2018年に世界が滅びることを予測した[[シオン・エルトナム・ソカリス (Grand Order)|シオン・エルトナム・ソカリス]]が、唯一その影響を免れ得る場所として来訪。エントランス付近の利用許可を得て、来るべき日にカルデアを迎える準備を整えていた。<br>
 
ロシア異聞帯の消滅と引き換えに地球上に舞い戻ったシャドウ・ボーダーはシオンからのラジオメッセージを傍受し、通信は時計塔基準ではないが、波長はアトラス院の魔力波形に近く、彷徨海のデータがないため、確証を得ることは出来なかったが合流の誘いに応じることを決定。上記の座標の変動ゆえ直接の虚数潜航は困難と判断し、ノルウェーまで陸路で赴くことになる。<br>
 
ロシア異聞帯の消滅と引き換えに地球上に舞い戻ったシャドウ・ボーダーはシオンからのラジオメッセージを傍受し、通信は時計塔基準ではないが、波長はアトラス院の魔力波形に近く、彷徨海のデータがないため、確証を得ることは出来なかったが合流の誘いに応じることを決定。上記の座標の変動ゆえ直接の虚数潜航は困難と判断し、ノルウェーまで陸路で赴くことになる。<br>
 
道中に遭遇した北欧異聞帯での死闘をくぐり抜けたシャドウ・ボーダーは彷徨海に到着。カルデア一行を迎え入れた後、エントランスは更なる改装を経て「''彷徨海カルデアベース''」、またの名を「'''[[ノウム・カルデア]]'''」として運用されることになる。<br>
 
道中に遭遇した北欧異聞帯での死闘をくぐり抜けたシャドウ・ボーダーは彷徨海に到着。カルデア一行を迎え入れた後、エントランスは更なる改装を経て「''彷徨海カルデアベース''」、またの名を「'''[[ノウム・カルデア]]'''」として運用されることになる。<br>
10,729

回編集