メインメニューを開く

差分

:当初はグレイの目にのみ映っていた幻のごとき女性。深紅の薔薇に囲まれた白い女。かつて魔眼蒐集列車の支配人が残していった影であり、ロダンをはじめとする魔眼蒐集列車スタッフの前に現れる事さえ稀である。<br>心霊手術にも似た技術で、至難とも言われる魔眼の摘出を行える唯一の存在。
;[[メルヴィン・ウェインズ]]
:<RUBY><RB>創造科</RB><RT>バリュエ</RT></RUBY>に所属する「調律師」。バイオリンのように見える調律器を用いて魔術刻印の稼働効率を格段に向上させる技を持つ。三大貴族の一角、トランベリオの分家の出という血筋と色素の薄い整った容姿を具えながら、生来の体の弱さから少し動いたり喋ったりしただけで血を吐いて死にかける奇怪な生き物と化している。
:ウェイバー・ベルベットの古くからの友人であり、第四次聖杯戦争に参加する以前より彼を知る数少ない人物。
10,616

回編集