差分

199行目: 199行目:  
:グレイの母。三十代半ばほどの、穏やかな風貌の女性。<br>アーサー王の写し身として変貌してしまった娘を「神子」と敬い、そのことを心から喜んでいる。
 
:グレイの母。三十代半ばほどの、穏やかな風貌の女性。<br>アーサー王の写し身として変貌してしまった娘を「神子」と敬い、そのことを心から喜んでいる。
   −
;[[タタリ/ワラキアの夜|ズェピア・エルトナム・アトラシア]]
+
;[[ズェピア・エルトナム・アトラシア]]
 
:丘の上の風車小屋に滞在していたアトラス院の院長。事象の演算を繰り返し、派生しうるあらゆる可能性を「脚本」として俯瞰的に語る。<br>このFate正史世界においては死徒ではあるものの、「ワラキアの夜」へと成り果てる道は選択しなかった。
 
:丘の上の風車小屋に滞在していたアトラス院の院長。事象の演算を繰り返し、派生しうるあらゆる可能性を「脚本」として俯瞰的に語る。<br>このFate正史世界においては死徒ではあるものの、「ワラキアの夜」へと成り果てる道は選択しなかった。
    
;[[ケイ|白銀の騎士]]
 
;[[ケイ|白銀の騎士]]
:グレイの窮地に出現した騎士。イレギュラーな降霊のせいか霊基が不完全なものとなっており、その姿は霞がかったように朧で曖昧としている。<br>それでいて振るう剣技は巧み、軽口を叩きながらも数多の敵を斬り伏せていく。
+
:グレイの窮地に出現した騎士。イレギュラーな降霊のせいか霊基が不完全なものとなっており、その姿は霞がかったように朧で曖昧としている。
 +
:それでいて振るう剣技は巧み、軽口を叩きながらも数多の敵を斬り伏せていく。
    
;骸王
 
;骸王
10,719

回編集