差分

4 バイト追加 、 2019年7月2日 (火) 23:46
23行目: 23行目:  
:[[アルトリア・ペンドラゴン]]の内部に眠る、竜の因子の象徴。士郎がセイバールートでパスをつなぐ際、夢の中に現れた。一口で士郎を飲み干せそうなほどの巨躯を持ち、マグマの流れる地底の空間に鎮座していた。実際にブリテンにこのような竜がいたかについては作中で明言されていない。
 
:[[アルトリア・ペンドラゴン]]の内部に眠る、竜の因子の象徴。士郎がセイバールートでパスをつなぐ際、夢の中に現れた。一口で士郎を飲み干せそうなほどの巨躯を持ち、マグマの流れる地底の空間に鎮座していた。実際にブリテンにこのような竜がいたかについては作中で明言されていない。
 
:『Fate/Grand Order』では概念礼装『竜種』のデザインに起用されている。
 
:『Fate/Grand Order』では概念礼装『竜種』のデザインに起用されている。
  −
;[[ファヴニール]]
  −
:伝説に曰く、かつて人間だった存在。<br/>与えられた黄金を分け合うことを拒み、兄弟で浅ましく殺し合い、勝利した彼は人ならざるモノになることを選んだのだという。<br/>[[ジークフリート]]によって倒され、その血を浴びたジークフリートは不死身の肉体と竜の心臓を得た。
      
;[[ファヴニール|悪竜現象(ファヴニール)]]
 
;[[ファヴニール|悪竜現象(ファヴニール)]]
 
:グニタヘイズにいた貪欲な竜。<br/>[[シグルド]]によって倒され、その心臓を口にしたシグルドは無敵の力と神々の叡智を得た。
 
:グニタヘイズにいた貪欲な竜。<br/>[[シグルド]]によって倒され、その心臓を口にしたシグルドは無敵の力と神々の叡智を得た。
 +
:;[[ファヴニール]]
 +
::伝説に曰く、かつて人間だった存在。<br/>与えられた黄金を分け合うことを拒み、兄弟で浅ましく殺し合い、勝利した彼は人ならざるモノになることを選んだのだという。<br/>[[ジークフリート]]によって倒され、その血を浴びたジークフリートは不死身の肉体と竜の心臓を得た。
 +
:;[[ハク|黄金竜]]
 +
::『Fate/Grand Order』の期間限定イベント『神秘の国のONILAND!!』にて誕生した竜種。
 +
::本来は千歳の大地に集まった魔力の渦だったものが、召喚された[[シトナイ]]の影響によって「ラインの黄金」と似た性質を持つ「カムイの黄金」に変質し、集積された魔力と欲望によって黄金それ自体が悪竜現象を起こして竜種の姿へと変貌した。
 +
::同時にアイヌの伝承にあった「大いなる暗黒の魔物(モシレチクチク・コタネチクチク)」の概念を取り込み、英霊数人でも対抗しきれない、それこそ[[ファヴニール]]に匹敵する力を得るが、[[ジークフリート|二人の]][[シグルド|竜殺し]]を筆頭に集った英霊達によって消滅させられた。
    
;[[タラスク]]
 
;[[タラスク]]
63行目: 66行目:  
:竜に近くはあるものの、厳密には竜とは異なる存在であり、竜種一歩手前の蛟などのもののけのたぐい。
 
:竜に近くはあるものの、厳密には竜とは異なる存在であり、竜種一歩手前の蛟などのもののけのたぐい。
 
:正体はとある山に天逆鉾によって封印されていたもののけで、鉾を引っこ抜いて自身を助けてくれた[[坂本龍馬]]に一目惚れし、恩返しを口実に押しかけ女房になったとか。龍馬の最期には運悪くそばを離れていたため助けることができず、悲しみに暮れた彼女は人知れず海の底に消えたという。
 
:正体はとある山に天逆鉾によって封印されていたもののけで、鉾を引っこ抜いて自身を助けてくれた[[坂本龍馬]]に一目惚れし、恩返しを口実に押しかけ女房になったとか。龍馬の最期には運悪くそばを離れていたため助けることができず、悲しみに暮れた彼女は人知れず海の底に消えたという。
  −
;[[ハク|黄金竜]]
  −
:『Fate/Grand Order』の期間限定イベント『神秘の国のONILAND!!』にて誕生した竜種。
  −
:本来は千歳の大地に集まった魔力の渦だったものが、召喚された[[シトナイ]]の影響によって「ラインの黄金」と似た性質を持つ「カムイの黄金」に変質し、集積された魔力と欲望によって黄金それ自体が悪竜現象を起こして竜種の姿へと変貌した。
  −
:同時にアイヌの伝承にあった「大いなる暗黒の魔物(モシレチクチク・コタネチクチク)」の概念を取り込み、英霊数人でも対抗しきれない、それこそ[[ファヴニール]]に匹敵する力を得るが、[[ジークフリート|二人の]][[シグルド|竜殺し]]を筆頭に集った英霊達によって消滅させられた。
      
;ワイバーン
 
;ワイバーン
10,729

回編集