メインメニューを開く

差分

552 バイト追加 、 2020年4月18日 (土)
*没キャラクターとして[[カズラドロップ]]、[[ヴァイオレット]]、[[キングプロテア]]なるキャラ達が制作初期段階では登場する予定だったことが公表されている。詳細はリンク先で。
*公式では『CCC』は「例外処理」の意味と説明されているが、'''プログラミング分野において「例外処理」の意味で『CCC』という言葉が使われる事は皆無'''と言ってよく、それどころか'''そもそも『CCC』というプログラミング用語は存在しない'''(『Code C with Classes』の略だという説明がネット上にちらほら見受けられるが、それはプログラミング言語の名前であり、「例外処理」という意味は全くない)。結局のところ、公式がなぜそのような説明をしたのか、何を情報源にしたのかは不明。
*本作はTYPE-MOONのゲームにしては珍しい程ネットスラングが多用されているりこれはせっかく電脳世界が舞台のゲームだし、CCCのテーマは『<ruby><rb>違法改造</rb><rt>チート</rt></ruby>』でもあるし、という事で俗物的なノリを目指したため。スラングを多用すればモノローグは愉しいものになるが、同時に物語の普遍性は翳ってしまうの諸刃の刃なので、扱いには気をつけよう、とマテリアルでコメントしている。
==話題まとめ==
10,620

回編集