メインメニューを開く

差分

832 バイト追加 、 2020年4月18日 (土)
;略歴
:本編開始より前、ナチスドイツの空爆によって瀕死の重傷を負いありすは余命幾ばくも無い状態に陥ったが、魔術回路が確認されたために強制的に延命させられ、数年間に及び研究用実験に使われた後に肉体は絶命した。だが精神は繋げられたネットに残り続け、電脳魔として生き続けることになる。:痛みしかなかった現実から逃げ、電脳空間という“夢の世界”を漂う事になった。その後、ありす自身は何故か迷い込んでしまった知らない場所としてネットワークを渡り歩くうちにムーンセルに辿り着き、そこで唯一のお友達キャスター「ナーサリー・ライム」と契約。マスターでありながら聖杯戦争に参加しない魔術師としてSE.RA.PHを眺めていたが、たまたま自分と似たマスターを見つけてしまい、彼/彼女とお話しするために本戦会場まで移動してしまう。:しかし本戦に入ってしまった事でマスターの一人として戦わざるを得なくり、現実から追い出された少女ら電脳空間でも同じ様に争いに巻き込まれた。:聖杯戦争の予選にて『さまよう少女』という学校の怪談として噂になっている所を、新聞部所属の男子生徒(ゲーム中でプレイヤーが最初に操作するキャラクター)が取材。[[主人公 (EXTRA)|主人公]]とは本戦開始直後に遭遇。本戦では、主人公の第三回戦の対戦相手。<br>:アリスと行動を共にし、怪物「ジャバウォック」を召喚。その怪物の凶暴性から、バーサーカーを従えた双子のマスターであることを疑われる。<br>:[[概念武装]]「ヴォーパルの剣」によってジャバウォックは退けられるが、次には[[固有結界]]「名無しの森」をアリーナ第二層全体に展開。その内に取り込まれた者は、自身の名前を皮切りに、自我とともに存在自体が薄れていき、最終的に消滅するという強力な効果でもって主人公を追いつめる。<br>:バーサーカーと固有結界の取り合わせには無理がある。また、ムーンセルのシステム上、二人一組のマスターは存在し得ない。それらを手がかりに、主人公は、ありすとアリスの正体に迫る。<br>ありす自身の断片的な言葉によれば、地上でのありすは戦争によって負傷し、病院と思しき施設で長い間不自由な生活をしていたらしい。<br>:[[Fate/EXTRA CCC|月の裏側]]では[[BB]]によって、キャスターと共に彼女の手駒として蘇生されたが、彼女達の命令を遵守する気はさらさら無く、自由奔放に行動する。<br>:だが[[メルトリリス]]によって………によって………。
;人物
:儚げな印象の人形のような少女。8歳ほどの可愛らしい姿をしており、主人公の見立てでは「おそらくは10に満たない」という幼女。<br>見た目と違って実年齢はかなり高く、生前の国籍は第二次世界大戦末期のイギリス。ナチスドイツの空爆によって瀕死の重傷を負い余命幾ばくも無い状態に陥ったが、魔術回路が確認されたために強制的に延命させられ、数年間に及び研究用実験に使われた後に肉体は絶命した。だが精神は繋げられたネットに残り続け、電脳魔として生き続けることになる。<br>儚げな印象の人形のような少女。8歳ほどの可愛らしい少女の姿をしており、主人公の見立てでは「おそらくは10に満たない」という幼女。性格も外見通りで無邪気でか弱い。:その正体は電脳空間を彷徨うネットゴースト。見た目と違って実年齢はかなり高く、生前の国籍は第二次世界大戦末期のイギリス。数年間に及び研究用実験に使われた後に肉体は絶命したため、ありすの肉体は既に存在していない。:基本的に遊びたい盛りの無邪気な子供。先述の事情で訳も分からぬうちに長らく苦痛と孤独を味わった反動から、寂しがり屋で人見知り。<br>ありす自身は何故か迷い込んでしまった知らない場所として電脳世界を渡り歩き、ムーンセルにて待望のお友達である「あたし([[ナーサリー・ライム|アリス]])」を見つけた。その後はSE.RA.PHを眺めるだけだったが、自分と同類である主人公を見つけて、遊びたいからと自分も本選会場まで移動してしまう。当人は遊んでいるだけのつもりであり、聖杯戦争に参加してしまったという自覚はない。<br>:当人は遊んでいるだけのつもりであり、聖杯戦争に参加してしまったという自覚はない。幼いありすには殺し合いの意味も、生存競争の残酷さも分からない。ただ漠然と現実から逃げてきた悲しい記憶を忘れたくて、誰かと遊びたかっただけだった。:やっと見つけた同類である主人公のことを「あたし(ありす)と同じ」と言って、比較的懐いている。<br>:自分のことを「あたし」と呼ぶのと同様、キャスターのことも「あたし」と呼ぶ。二人が交互にしゃべると、どちらがどちらかを把握するのが困難になるほど。<br>:[[玉藻の前|キャスター (EXTRA・青)]]いわく、「見た感じは電波なロリ」。
;能力
:常識外れのマスター。セラフの中を易々と瞬間移動して遊び回り、ただでさえ巨大な魔力を消費する固有結界を広範囲に長時間展開するという離れ業を苦も無くやってのける。<br>:SE.RA.PHから膨大な魔力を組み上げるスキルを持つが、魔術師としての生存力は主人公以下。:例えサーヴァントが「異界を作り出す機能」に特化していたとしても、そのサーヴァントに魔力を供給するのはマスターである。負荷はきっちりとマスターにかかる。ありすが行っていることは、通常の人間の脳や魔術回路では到底成しえられるものではない。<br>:――その正体は、サイバーゴースト。肉体を持たない精神体であるがゆえに、身体的な制約を受けずに、巨大な魔力を扱うことが可能。脳が焼き切れることがないがゆえに、リミッターがない。ただし、それは魂が燃え尽きるまでの話。いずれは壊れるが定め。<br>:なお本来、セラフではマスターが死んでもゴーストにはならない。管理の怪物であるムーンセルは、敗者の魂が聖杯に残ったままであることを決して許さない。もしムーンセルが容認するとすれば、それは聖杯戦争の過程で生まれた死者ではなく、セラフに来た時点で既に死者だった場合である。<br>:また、主人公の正体に真っ先に気付いており、自分と同じ存在と称した。
=== Fate/EXTRA Last Encore ===
10,620

回編集