メインメニューを開く

差分

1,763 バイト追加 、 2020年4月18日 (土)
== [[宝具]] ==
;この世、全ての欲(アンリマユ/CCC)
:魔人化した彼女の対星宝具。人類すべての欲望を受け止める大地母神に変生した彼女は、同時に人類すべての欲望の生け贄でもある。<br>その在り方は、かつて人間の悪性を証明するために悪魔と罵られ、生け贄に祭り上げられたある種別:対ほし宝具:変生し魔人化した彼女の対星宝具。地球で自慰行為にふける最低最悪の宝具。:地球に残ったあらゆる生き物(人間、動物、植物)に自分の体を捧げ、これを受け入れる事で最大の官能を会得し、成長する権能。その規模の大きさから[[権能|大権能]]として扱われる。:人類すべての欲望を受け止める大地母神に変生した彼女は、同時に人類すべての欲望の生け贄でもある。その在り方は、かつて人間の悪性を証明するために悪魔と罵られ、生け贄に祭り上げられたある[[アンリマユ|人工魔]]に類似する。に類似する。ただし、自ら望んでそのような存在になった点で彼とは大きく異なる。:人類全ての欲望のはけ口となった彼女は、コードキャスト・万色悠滞により人々の魂を自身の身体に招き入れ、何十億という快楽の渦を作り上げる。この快楽の渦は知性あるものを融かし、その『人生』を一瞬で昇華させる。わずか一瞬の、しかし永遠の極楽浄土の誕生である。この快楽の渦はどれほど知性構造が異なっていようと、知性あるものには例外なく作用する。地球限定の宝具ではない。:条件によってダメージ数値は向上し、異性であるならダメージ増加、知性が高いほどダメージ増加、という特性を持っている。設定上の話では、もっともダメージが低いのは[[無銘]]、逆に最高ダメージを受けるのは[[ギルガメッシュ]]。:アンデルセンは「最低最悪の宝具」と評しており、演出も'''明らかに地球より大きいサイズの魔人化したキアラが開脚した状態で地球を股間に押し付ける'''、というものである。:性能、演出ともにスケールが大きいのは殺生院キアラがセイヴァーのサーヴァントに近い存在だから。:衆生<ref group = "注">生きとし生けるもの</ref>を救うために奔走する人をおしなべね菩薩と呼び、また解脱して仏になったものも菩薩である。そして菩薩とは宇宙レベルの<ruby><brrb>ただし、自ら望んでそのような存在になった点で彼とは大きく異なる。存在規模<br/rb>人類全ての欲望のはけ口となった彼女は、コードキャスト・万色悠滞により人々の魂を自身の身体に招き入れ、何十億という快楽の渦を作り上げる。<brrt>この快楽の渦は知性あるものを融かし、その『人生』を一瞬で昇華させる。わずか一瞬の、しかし永遠の極楽浄土の誕生である。スケール<br/rt>この快楽の渦はどれほど知性構造が異なっていようと、知性あるものには例外なく作用する。地球限定の宝具ではない。<br/ruby>地球に残ったあらゆる生き物(人間、動物、植物)に自分の体を捧げ、これを受け入れる事で最大の官能を会得し、成長する権能。その規模の大きさから[[権能|大権能]]として扱われる。を持つ<ruby><rb>天</rb><rt>神<br/rt>異性であるか否かや知性の高さによってこの宝具によるダメージは変動する。<br/ruby>アンデルセンは「最低最悪の宝具」と評しており、演出も'''明らかに地球より大きいサイズの魔人化したキアラが開脚した状態で地球を股間に押し付ける'''、というものであるであり、太陽系ぐらいは軽く管理している。:仏教の世界観の広大さは他の宗教とはレベルが違う。ナユタだの無量大数といった数の概念があるのは、ひとえに仏の大きさを示すために作られた物。仏教において宇宙は畑の国であり、その広さも三千大千世界と呼ばれる。銀河系が三千世界、それが千集まった物が三千大世界、更にそれが千集まった物が三千大千世界。まさに銀河、銀河団、超銀河団の尺度といえる<ref group = "注">『EXTRA material』でも「CERO的に通るはずがない」「なんでこれが通ったのかは今以て謎」とコメントしていた。material』では「二千年以上も前からこの解釈持ってるって、インドどんだけー」とコメントしている。</ref>。:開発初期に「ラスボスにはこういう事をやらせたい」とこの宝具の字コンテを作りはしたが、セロ的に通るはずがない、と諦めていたらあっさり通ってしまったという。なぜこの宝具が通ったのは今以て謎であるんだとか<ref group="出" name="『Fate/EXTRA material』p.159">「Fate/EXTRA用語辞典-この世、すべての欲」『Fate/EXTRA material』P.159。<br/ref>:ゲーム内では現HP・MPの99%ダメージを与える。ただし、これはその力を振るうことの出来ない主人公(のサーヴァント)に対しての効果であり、この制限が無かった場合の効果は不明。
== 使用スキル・必殺技 ==
10,620

回編集