差分

132 バイト追加 、 2020年4月28日 (火) 21:23
42行目: 42行目:  
=== 文化 ===
 
=== 文化 ===
 
技術同様、こちらも非常に歪。<br/>
 
技術同様、こちらも非常に歪。<br/>
国土のほぼすべてを占める農村には一般的な娯楽といえるものは皆無で、始皇帝から祝い事で配布される「下賜」と呼称される薬物以外には存在しておらず、それらも汎人類史でいうところの酒やタバコ程度のもの。<br/>
+
国土のほぼすべてを占める農村には一般的な娯楽といえるものは皆無で、始皇帝から祝い事で配布される「下賜」と呼称される薬物以外には存在しておらず、それらも汎人類史でいうところの酒やタバコ程度のもの。民衆は基本的に自分の村から生涯出ることはなく、子供が好奇心から外に出ることも非常にまれ。<br/>
 
始皇帝が民衆が余計な苦しみを味わわないようにするために、高度な文化活動を「儒」と呼んで忌み嫌っており、文字・詩・歌といったものすら一般には存在していない。異聞帯の住民が「少年」「衛士長」などと呼ばれていたことから考えると、「名前」という概念が存在していない可能性すらある。<br/>
 
始皇帝が民衆が余計な苦しみを味わわないようにするために、高度な文化活動を「儒」と呼んで忌み嫌っており、文字・詩・歌といったものすら一般には存在していない。異聞帯の住民が「少年」「衛士長」などと呼ばれていたことから考えると、「名前」という概念が存在していない可能性すらある。<br/>
 
始皇帝とそのお膝元である咸陽には「芸術」と呼べるものが存在しており、各地の農村で見込まれた人間は咸陽に召し出され、芸術活動をすることが許されている。だが、そのような経緯で芸術活動をしているために内容は(始皇帝にとっては不本意だが)「始皇帝を褒め称える」もののみで、ダ・ヴィンチちゃんからは「こんなの芸術じゃない」と断言されてしまっている。<br/>
 
始皇帝とそのお膝元である咸陽には「芸術」と呼べるものが存在しており、各地の農村で見込まれた人間は咸陽に召し出され、芸術活動をすることが許されている。だが、そのような経緯で芸術活動をしているために内容は(始皇帝にとっては不本意だが)「始皇帝を褒め称える」もののみで、ダ・ヴィンチちゃんからは「こんなの芸術じゃない」と断言されてしまっている。<br/>
11,700

回編集