Fate:Lost Einherjar 極光のアスラウグ

Fate:Lost Einherjar 極光のアスラウグ
著者 桜井光
イラスト 三輪士郎
原作 TYPE-MOON
テンプレートを表示

概要編集

2022年4月に製作が公開され、直後に発売された『TYPE-MOONエースVOL.14』で序章が連載された作品。

連載の予定はないが、終了までまとめた単行本を2022年中に発売予定とのこと。

あらすじ編集

Fate/Apocrypha』から10年、相変わらず世界中で亜種聖杯戦争が開催される中、ノルウェーのオスロで亜種聖杯戦争の開催が決定。
ユグドミレニアの残党の一員であるレミナ・エルトフロム・ユグドミレニアは、ユグドミレニアの再興を夢見て一人がサーヴァントを二人従える「亜種二連聖杯戦争」への参戦を決意する。
北欧の英雄でも最高のコンビを首尾よく召喚することに成功したものの、片方にはもう片方に関する記憶がなく、もう片方には自分が英雄として活躍した記憶が欠けていたのであった……。

上記のように現在のオスロで展開される聖杯戦争編と、サーヴァント達の生前である9世紀のノルウェーで展開される過去編の二重構造となっている。

登場人物編集

レミナ・エルトフロム・ユグドミレニア
現在の聖杯戦争における主人公。
ユグドミレニアの残党の一人であり、ユグドミレニアの再興を願って参戦した。
アーチャー
レミナが召喚したサーヴァントの一人。
レミナの指揮を良しとせず、もっぱら単独行動している。
過去編における主人公。
バーサーカー
レミナが召喚したサーヴァントの一人。
こちらはレミナをマスターと認めて一緒に行動している。

用語解説編集

亜種二連聖杯戦争
舞台となっている201X年のオスロで開催されている聖杯戦争。世界中で開催されている亜種聖杯戦争の一つ。
一人のマスターが二人のサーヴァントを召喚・使役する。
マスターが何人いるのか、そもそも何故そんなルールになったのかなどの詳細は不明。

メモ編集

  • 「世界中で亜種聖杯戦争が開催されている」という『Fate/Apocrypha』の設定はスピンオフを作りやすいものであったが、『Fate/Labyrinth』くらいしか拾ったものがない状況であった中で二つ目の亜種聖杯戦争作品となった。
  • Fateシリーズでは、「Fate」の後に「/」が来るのが通例であったが、本作は「:」になっている。何故このように差異を付けたのかは序章時点では不明である。

関連書籍編集

脚注編集

注釈編集


出典編集


リンク編集