メインメニューを開く

概要編集

魔術師の名門。天体科を牛耳る魔術師の貴族。十二のロードの一つ。カルデアを管理している。

アニムスフィアは遥かな昔から天体運動を研究し司る魔術師。“この惑星の人類史の保障”がアニムスフィアの使命、一族をかけて成しえる命題グランドオーダー。
人類史を見守りその先に未来が確かに続いていることを見る一族。未来を創るなんて大きなことは言わない。ただ未来はあるのだと他の魔術師に伝え保障するのが使命。
アニムスフィアはその結論として疑似天体カルデアスという魔術礼装を作り上げた。

また、カルデアが特異点修正の際に使用する術式「レイシフト」はアニムスフィア家の秘伝とされている。

家伝の天体魔術は天動説に基づいた伝統的なものであり、アニムスフィアに連なる魔術師一族の天体魔術も全て同様である。
「地球もまた星であり天体である」という考え方からか、ユーラシア大陸からヨーロッパにかけての地球の霊脈図を所持していたり、後述するセラフィックスで地球の霊脈を測定していたりと地球についても造詣が深い。

人物編集

オルガマリー・アニムスフィア
『Fate/Grand Order』ではアニムスフィア家の当主であり、カルデアの所長。
『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』ではカルデアは設立されておらず、マリスビリーが存命で当主を務めているため父の名代扱いに留まっている。
マリスビリー・アニムスフィア
オルガマリーの父親であり、『Fate/Grand Order』ではカルデアの初代所長。デミ・サーヴァント実験を秘密裏に進めていた。優れた魔術師であるが、物語開始から3年前に死亡している。自身が根源の渦に到達するべくカルデアを設立した。
『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』では存命であり、カルデアは設立されていないもののアニムスフィア家の現役の当主でもある。

関連組織編集

人理継続保障機関フィニス・カルデア
アニムスフィア家が運営する組織。
アトラス院
霊子演算装置・トリスメギストスの設計図の提供元。
時計塔
アニムスフィア家がロードを勤める上位組織。
だが、カルデアについては国連や聖堂教会やアトラス院の協力をとりつけ、強く介入させないようにしていた。
海洋油田基地セラフィックス
前所長マリスビリー・アニムスフィアの虎の子の財産。北海に建設された、アニムスフィア家所有の海洋油田基地。
ファーゴ家
アニムスフィアに連なる魔術師一族で、同じく天動説に基づいた天体魔術を専門としている。
フェローズ家
アニムスフィアに連なる魔術師一族で、最有力の分家。

言及作品編集

メモ編集

  • アニムスフィア家がいつから存在しているのかは不明だが『路地裏ナイトメア』にてレフ・ライノールが「2000年程遅過ぎたよアニムスフィア」と発言しているため、ロードである事を考えると時計塔の成立時からロードであった可能性が高い。
    • また、同じロードである伝承科のブリシサンがソロモンの弟子の家系だったことから、初代アニムスフィアもソロモンの弟子である可能性が示唆されている。

脚注編集

注釈編集


出典編集


リンク編集