アーロン・ゴールディ

アーロン・ゴールディ
性別 男性
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要編集

Fate/Grand Order』期間限定イベント『虚月館殺人事件』の登場人物。

略歴
アメリカのとある街で権勢を誇る「ゴールディ・カンパニー」のトップ。また、裏の顔として暴力を生業とする非合法組織のトップでもある。
長年ヴァイオレット・インクと街を巡って抗争を続けてきたが、双方共に疲弊しこのままでは共倒れになると判断。ヴァイオレット家との同盟を画策する。
マーブル商会の仲立ちで同盟の為の婚姻旅行をすることとなり、『虚月館殺人事件』に巻き込まれた。
人物
ローリーが産まれてからはきっぱりとやめてはいるが、若い頃は相当なプレイボーイで、子供ができにくい体質(本人談)にかこつけていろいろと火遊びをしていた模様。
非合法組織のトップとしては自分の事と家の事を切り分けられる冷徹さも持ち合わせており、同盟が破談になる可能性を避ける為に生死不明のモーリスを差し置いてクリスをゴールディ家側の新郎とし、モーリスは既に居ないものとして扱う言動を見せた。
とはいえ、このような冷徹さだけではない人物であり、自分の若い頃の行いが巡り巡って悲劇に結びついたことについては相当に参ってしまったようで、自分の過去を反省する様子も見せている。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

Fate/Grand Order
イベント『虚月館殺人事件』にて登場。

人間関係編集

Fate/Grand Order編集

ドロシー・ゴールディ
現在の妻。
モーリス・ゴールディ
前妻との息子。我が儘を放任気味ではあるが、ローリーのこともあり女遊びだけはしないように言い含めている。
ローリー・ゴールディ
現在の妻との娘。彼女が産まれてから自分の行いの問題に気がついたのか、女遊びはきっぱりやめたとか。
ハリエット・ヴァイオレット
かつて一夜を共にした相手。それが虚月館での悲劇を生む事に。
ジュリエット・ヴァイオレットエヴァ・ヴァイオレット
ハリエットとの間にできてしまった娘。
アン
かつて一夜を共にした相手。
クリス
アンとの間にできてしまった息子。
シェリンガム
ヴァイオレット家との婚姻について届いた脅迫状で悩んでいるところに顔を出した探偵。
彼を試す意味も込めて、虚月館に自分で来れたら雇う約束を取り付けた。

名台詞編集

Fate/Grand Order編集

メモ編集

  • 主人公から見た外見はフィン・マックールのもの。ゴールディ家のメンバーの外見は金髪のキャラクターで揃えてあるので、「プレイボーイ体質な金髪の父親」という要素からであろうか。
  • ある意味では、虚月館での悲劇の元凶の一人。彼が若い頃に行った火遊びが巡り巡って悲劇となってしまった。
    • そもそも、登場している子供世代6名のうち、彼の血を引いていないのはケイン・ヴァイオレットだけである。この事から、「子供ができにくい体質」というのは彼の思い込みであり、実際には妊娠させた女性はもっと多かったがゴールディ家を恐れたか脅されたかして表面化しなかっただけではないか?という意見も存在している。

脚注編集

注釈編集


出典編集


リンク編集