メインメニューを開く
シャンシャン
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

目次

概要編集

Fate/Grand Order』に登場する魔獣。

略歴
『永久凍土帝国 アナスタシア』にてベオウルフらが飼い馴らした魔獣として登場し、下記の特性から主人公たち叛逆軍との連絡手段として預けられた。
人物
ピンク色の魔獣。主人公曰く「名状しがたき可愛さ」「冒涜的に愛らしい」。
命令に応じて相手を判別し、可否について首を振って答える程度に知能は高い。
素養が魔獣に近い場合、同属ではなく敵対種として認識し、警戒してしまう。
レオナルド・ダ・ヴィンチ〔ライダー〕は汎人類史では滅び去った種かもしれないと予想している。
能力
人間やサーヴァントの匂いや魔力を覚えて追跡する事ができる。ただし、ヤガの臭いは覚えられない。
人語の伝言を本人と同じ声で伝えることが出来る。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

Fate/Grand Order
『永久凍土帝国 アナスタシア』でベオウルフが率いる一味が飼いならした魔獣として登場。

人間関係編集

Fate/Grand Order編集

主人公 (Grand Order)
彼/彼女の所属した叛乱軍との連絡役を担った。
アタランテ〔オルタ〕
彼女の性質が魔獣(それも敵対種)に近いため、露骨に警戒している。

名台詞編集

Fate/Grand Order編集

メモ編集

  • 正体について明言はされていないが、外見は亜種特異点Ⅳに登場した「シャンタク鳥」にそっくりなので、これの幼体と思われる。
  • ロシアの異聞帯で登場した際には、本来ならば通常の世界には存在しないと思われる生物であるにも関わらず、素性について特に解説や説明がされておらず、謎が残っている。
    • 作中でも「ヤガの匂いを覚えられない」と言及されており、ロシアの異聞帯の原生種でもない可能性が示唆されている。

脚注編集

注釈編集


出典編集


リンク編集