メインメニューを開く
トリムマウ
声優 水瀬いのり[出 1]
初登場作品 Fate/Apocrypha
テンプレートを表示


目次

概要編集

ライネス・エルメロイ・アーチゾルテの使用人兼ボディガード。

略歴
ケイネス・エルメロイ・アーチボルトの考案した魔術礼装・月霊髄液にライネスが擬似的な人格付与と機能限定を施しメイドゴーレムとしたもの。その作成にはロード・エルメロイⅡ世のアドバイスが加わっている。
時計塔内でもその存在は有名らしく、獅子劫フィオレと戦闘した際、彼女の武器である金属腕の自律制御精度の高さを「エルメロイの姫君が連れているメイドゴーレムに匹敵する」と評していた。
人物
主人であるライネスに忠実で、簡単な会話と家事雑役を行える程度の思考力を持つ。
だが指を万能鍵に変形させてエルメロイⅡ世の私室に侵入する手助けをしたり、フラット・エスカルドスに要らん知識を吹き込まれて彼と一緒に映画鑑賞に出かけるなど高度な魔術礼装とは思えない突飛な行動を取る。
またフラットに見せられた情操教育によろしくない映画の影響を受けたのか、時々「自分は未来から来た殺人兵器だ」と言って暴走したり、「すぐ戻るアイルビーバック」という有名なセリフと共にサムズアップする癖を身に着けている。
能力
人型ではあるものの、衰退した人体模造の概念は使用しておらず、あくまで流体操作と人格付与の結果もっともふさわしい形として人型をとっている。魔力は最低限で維持できるよう全体を循環する仕組みになっている。
簡単な会話と家事雑役を行える程度の思考力を持ち、指を万能鍵に変形させる、『Apocrypha』最終巻では表面の色や質感までも違和感を抱かせないレベルの精巧な擬態でダンボール箱と化し内側にライネスを隠すという芸当を可能にするほどの流体操作能力を持つ。『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』においてはグレイの全身を保護する装甲にして運動能力をサポートする強化外骨格となったり、体の一部を霧状に変えて空中に散布しそこに映像を投影するなどの機能も披露した。
その体を活かしての掃除や侵入なども得意とする。
普段は人型のため自立歩行しているが、アニメ版『事件簿』第6話においてはライネスが試験管から取り出す場面も見られた。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

Fate/Apocrypha
ライネスの従者として、彼女に付き従う。
ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
こちらでもライネスの従者として付き従っている。
Fate/Grand Order
コラボイベント『レディ・ライネスの事件簿』にNPCとして登場する他、概念礼装にもなっている。
さらにサーヴァントとして実装されたライネスに付属する相方としても登場している。

その他編集

ちびちゅき!
こちらでもライネスの従者であるが、友人も増えている模様。

人間関係編集

Fate/Apocrypha編集

ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ
主人。
フラット・エスカルドス
彼がライネスの目を掻い潜って情操教育に悪そうな映画をたびたび見せるせいで、トリムマウの言語センスがおかしな方向に偏ってしまっている。
ロード・エルメロイⅡ世
Character material』『Zero material』の時点では彼が月霊髄液を改良したことになっていた。
ライネスの侍女としての設定が固まって以降は、自己に具わった性能をフルに発揮して彼の私室や仕事部屋へ侵入する主の片棒を担いでいる。

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿編集

グレイ
主の友人。『case.双貌塔イゼルマ』においてはライネスの流体操作術により、彼女の鎧兼強化外骨格としての役割を果たした。
スヴィン・グラシュエート
「case.冠位決議」では獣化魔術を行使中の彼の装甲となり、サーヴァントとの交戦において防御を努めた。
ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
アニメ版第6話にて、フラットから全日本プロレスとSASUKEを見せられていた為か、暴れる彼女にノリノリで実況をつけていた。

ちびちゅき!編集

メカヒスイフランケンシュタイン
被造物仲間。お月見の際にはお団子を作るのを手伝ってくれた。

名台詞編集

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿編集

「……まるでそびえたつクソだ!I didn't know they stacked shit that high
双貌塔イゼルマに招待されたライネスが、トリムマウの自己判断を許可した途端、トリムが胸を張って言った言葉[注 1]
幸い他人には聞かれていなかったが、ライネスはフラットのせいだと断じて殺意を覚えた。

メモ編集

Fate/Grand Order』やアニメ版『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』においてトリムマウのボイスがあるが、両作品とも声優名が表記されていない。

脚注編集

注釈編集

  1. 元ネタは映画「フルメタルジャケット」の鬼教官として有名なハートマン訓練軍曹の台詞である。

出典編集

  1. 『Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局 Plus』 #136 (2019年8月16日配信)

リンク編集