メインメニューを開く

差分

聖杯戦争

5 バイト除去, 2018年4月30日 (月) 19:27
2030年にレイシフトして電脳化された[[海洋油田基地セラフィックス]]を舞台として、128人のマスターと128騎のサーヴァントがバトルロイヤル形式で戦うという、上記のムーンセルの聖杯戦争の初期形式を模している。<br>
だが、マスターはセラフィックスの隠された区画である「天体室」に「死亡がまだ確定していない状態」で安置された素体が使用されており、実質的にマスターは居ない。その為に、召喚されたサーヴァントの中には我欲のままに行動する輩も数多く居る。<br>
さらに言うなら、そもそも聖杯戦争の開催目的は、[[殺生院キアラ (Grand Order)‎‎ ]]の[[ビーストビーストⅢ/R|殺生院キアラのビースト]]としての霊基を確立するため(と彼女の暇つぶし)であり、死亡したサーヴァントも残ったサーヴァントも最終的にはキアラに吸収されてしまう。つまり、『[[Fate/Labyrinth]]』の「迷宮の聖杯戦争」と同じく、'''完全な空手形。'''<br>
その性質上128騎が全て吸収されたらすぐに128騎が再召喚されて次の「聖杯戦争」が始まるため、「開催回数」もとんでもないことになっており、'''最低でも70回'''は繰り返されている。
10,592

回編集