差分

1 バイト除去 、 2019年6月9日 (日) 18:45
18行目: 18行目:  
: だが、計画を暴かれて全員を始末しようとするものの主人公とモリアーティによって打倒され、記憶と魔力を封印されて菩提樹の葉も奪われる事となった。
 
: だが、計画を暴かれて全員を始末しようとするものの主人公とモリアーティによって打倒され、記憶と魔力を封印されて菩提樹の葉も奪われる事となった。
 
; 人物
 
; 人物
: :とある街に居を構える名家の当主の青年。人当たりがよく、穏やかな性格で、伝統を大切にして、家宝を守り抜けなかった事を悔いている。
+
: とある街に居を構える名家の当主の青年。人当たりがよく、穏やかな性格で、伝統を大切にして、家宝を守り抜けなかった事を悔いている。
 
: だが、その性質は魔術師のそれであり、自身の目的の為なら無関係の人間を含む大量の流血も辞さないし、やるならば徹底的にやるという危険人物。
 
: だが、その性質は魔術師のそれであり、自身の目的の為なら無関係の人間を含む大量の流血も辞さないし、やるならば徹底的にやるという危険人物。
 
: ジークフリートに対しては思い入れが非常に強く、「彼が人の下につくのが許せない」と思っており、それが事件の発端となっている。同時にそれは、彼が本人とサーヴァントを同一視していないという点も示している。
 
: ジークフリートに対しては思い入れが非常に強く、「彼が人の下につくのが許せない」と思っており、それが事件の発端となっている。同時にそれは、彼が本人とサーヴァントを同一視していないという点も示している。
10,729

回編集