差分

50行目: 50行目:  
:三大貴族の一角、トランベリオの分家の出という血筋と色素の薄い整った容姿を具えながら、生来の体の弱さから少し動いたり喋ったりしただけで血を吐いて死にかける奇怪な生き物と化している。
 
:三大貴族の一角、トランベリオの分家の出という血筋と色素の薄い整った容姿を具えながら、生来の体の弱さから少し動いたり喋ったりしただけで血を吐いて死にかける奇怪な生き物と化している。
 
:ウェイバー・ベルベットの古くからの友人であり、第四次聖杯戦争に参加する以前より彼を知っていて、ウェイバーがロード・エルメロイⅡ世の名で世に知られるようになって以降もなお、頑として本来の名前を呼び続ける数少ない人物。
 
:ウェイバー・ベルベットの古くからの友人であり、第四次聖杯戦争に参加する以前より彼を知っていて、ウェイバーがロード・エルメロイⅡ世の名で世に知られるようになって以降もなお、頑として本来の名前を呼び続ける数少ない人物。
:ただし自称『親友』ではあるが必ずしも『味方』ではなく、ウェイバーの難儀するさまを傍から堪能したがる悪質な愉快犯の面も持つ。
+
:ただし自称『親友』ではあるが必ずしも『味方』ではなく、ウェイバーの難儀するさまを傍から堪能したがる悪質な愉快犯の面も持つ。他人に対してもその性質は一貫しているようで、「時計塔で一番抱かれたい男ランキング」でも順位がやたらと乱高下しているらしい。
 
;能力
 
;能力
 
:バイオリンのように見える調律器を用いて魔術刻印の稼働効率を格段に向上させる技を持つ。
 
:バイオリンのように見える調律器を用いて魔術刻印の稼働効率を格段に向上させる技を持つ。
11,826

回編集