メインメニューを開く

差分

本来の歴史では始皇帝は晩年は不死の探求に手を出し、不完全ながらも成し遂げていたが[[荊軻]]によって頓挫し、そのまま寿命を迎えたのだが、異聞帯では神仙の技術によって不死の肉体を手に入れ、そのまま君臨し続けた。<br/>
神仙の技術の応用によって高度に発達した秦は後に他国の侵略に乗り出し、インド、エジプト、ローマと次々に陥落させていった。<br/>
その後の経過の詳細は不明だが、800年ほど前にアステカ帝国と北極圏で決戦を行い勝利したのが決定的な天下分け目となり、最後まで残ったハプスブルグ帝国も経済封鎖で陥落し、秦帝国が地球全土を統一した。その後の経過の詳細は不明だが、800年ほど前に<ruby><rb>阿茲特克</rb><rt>アステカ</rt></ruby>帝国と北極圏で決戦を行い勝利したのが決定的な天下分け目となり、最後まで残った<ruby><rb>哈布斯堡</rb><rt>ハプスブルグ</rt></ruby>帝国<ref group = "注">原文ママ。ハプスブル<strong>ク</strong>の誤字か?</ref>も経済封鎖で陥落し、秦帝国が地球全土を統一した<ref group = "出" name="『Fate/Grand Order』第2部 第3章 第5節 白杆の女傑、国士無双" >『Fate/Grand Order』第2部3章5節「白杆の女傑、国士無双」</ref>。<br/>
それ以降は宇宙への進出などは考えず、宇宙から「何か」が来た際の防衛設備を地球周辺に建築したのみで、基本的には下記のような住民への政策のみに注力している。
18

回編集