メインメニューを開く

目次

概要編集

星の抑止力、世界の抑止力とも言われる。星の意思の無意識部分であり、言わば本能。世界の存続のためならば人類の破滅も問題としないが、現在は世界の大部分を支配領域とする人の世を崩壊させるほどの事態は星の破滅も招きかねないため、結果的に人も守るために発動することもある。

関連編集

精霊種
自然(星)の触覚。自然霊。ガイアの抑止力の一つ。
規模の小さいものは「妖精」と呼ばれ、基本的に人間には知覚できない。人間に知覚できるまで規模が大きくなると、「精霊」と呼ばれる。ただし「妖精」という言葉の使用例は多数あり、レッドキャップやゴブリンといった肉体を得ている幻想種としての妖精や、あるいは人間の空想が生み出してしまった悪魔に近いものもいるため、「妖精」と呼ばれる存在全てが抑止力というわけではない。
精霊規模のものは空想具現化を可能とする。
また、神霊が極度に信仰を失うと神秘の力が弱まり、精霊にまで格落ちすることもあると言う。
真祖
星が生み出した、人間を律するための霊長の敵対者。受肉した自然霊であり星の代弁者。通常、自然霊の一種として扱われ人間と自然の調停者として人間の無意識からも容認されているが、吸血衝動という欠陥を抱えていたため次第に数を減らしていった。
ガイアの怪物
現在登場しているものはプライミッツ・マーダー。ガイアの抑止力の一つとされるも、詳細は不明。
“霊長の殺人者”であり人類に対する絶対的殺戮権を有するとされる。
現在は死徒二十七祖の第一位として数えられている。
救世主
星の抑止力により作り出され、英雄と並んで人の世を崩壊から救う者。『空の境界』にて蒼崎橙子が語っているが詳細不明。
救世主と言えばセイヴァーなるクラスも存在する、がこれもまた関係性は不明である。

登場作品と役柄編集

月姫編集

tale
自らの行く末を案じ、月の王様の提案を受け入れる。

メモ編集

話題まとめ編集

脚注編集

注釈編集


出典編集


リンク編集