メインメニューを開く
デイビット・ゼム・ヴォイド
外国語表記 Daybit Sem Void[出 1]
性別 男性
デザイン 高橋慶太郎[1]
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

目次

概要編集

Fate/Grand Order』に登場する魔術師。Aチーム、後のクリプターの一人。

略歴
Aチームメンバーとしてカルデアから選抜されたが、レフの妨害工作により瀕死の重傷を負い、コフィンで凍結保存されてしまった。
人物
伝承科を追放された魔術師であり、ダ・ヴィンチからは稀な青年、異常者にして天才との評価を受けている。
誰も理解しようとせず、誰かから理解されることもない人物。サーヴァントとの意思疎通を捨てておりバーサーカーを召喚予定だった。
「現実にできた孔のよう」と評されるように浮世離れした性格をしているが、人付き合いはそれほど悪いわけではなく、質問した内容にもきちんと答えてくれる。
その一方で「作業じみた殺戮行為をするのは得難い経験だった」等と若干の異常さがにじみ出た言動も散見される。
能力
高いマスター適性を持つ。
また、洞察力が異常に高く、カルデア残党がどこに出現するかについて一瞬で正解を言い当てた。確かに推理すればそこ以外にはないのだが、それでも一瞬で当てるのは天才的である。
このため、クリプター達の中ではご意見番のような役割になっており、多くのメンバーがアドバイスを求めている。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

Fate/Grand Order

人間関係編集

Fate/Grand Order編集

マリスビリー・アニムスフィア
その能力を高く買っていた。
キリシュタリア・ヴォーダイム
クリプター(Aチーム)のリーダー。神話談義を交わすなど、それなりに交流していた。
スカンジナビア・ペペロンチーノ
同僚。彼に助言を請われた際には、彼自身の人格も加味した上で的確な助言を行った。愛称で呼ぶこともしているあたり、関係は悪くないどころか良好とさえ言える。
会議の際の言動が不自然だった事をずっと気にかけており、インド異聞帯では契約したサーヴァントを連れて直接介入しに来た。
契約したサーヴァント
詳細は不明だが、冠位サーヴァントであると発言されている。
その実力に間違いは無く、アスクレピオスがヤマの神性で操っていた死者の群れをあっさりと塵に還した。
瘴気に包まれた恐ろしい姿とは裏腹に、言動は以外にもぶっきらぼうでデイビットとも親しげに会話していたが、「死者は食らうもの」と異様な価値観も見せつけている。

名台詞編集

メモ編集

  • 間違われがちだが、名前はよくある外国名のデイビッ(David)ではなく、デイビッ(Daybit)である。

脚注編集

注釈編集


出典編集

  1. 『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』

リンク編集