メインメニューを開く
スカンジナビア・ペペロンチーノ
外国語表記 Scandinavia Peperoncino [出 1]
本名 妙漣寺鴉郎みょうれんじ あろう
性別 男性
身長 188cm
体重 75kg
特技 恋占い、修験道、汚れ仕事
好きな物 プラス思考、仲直り、運命の王子様
苦手な物 マイナス思考、カラス、ダイエット
声優 河西健吾
デザイン pako[1]
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要編集

Fate/Grand Order』に登場する魔術師。Aチーム、後のクリプターの一人。

略歴
マリスビリーが旅先で知り合い、スカウトしたフリーランスの魔術師。
Aチームメンバーとしてカルデアから選抜され、アーチャーを召喚予定だったが、レフの妨害工作により瀕死の重傷を負い、コフィンで凍結保存されてしまう。その後、他のメンバーと同様の過程を経て蘇生、クリプターとして汎人類史の前に立ちふさがる。
担当するインド異聞帯にてカルデア側と遭遇するも、彼自身はこの異聞帯の在り方を否定して『』側と対立し、追われる身となっていた。自らのサーヴァントを奪われ孤軍奮闘していたペペロンチーノと利害が一致したカルデアは、協力して強大なる『王』へと挑むことになる。
『王』の打倒後は一転、空想樹を護るべくカルデア側と対決するが敗北。コヤンスカヤの転移で大西洋異聞帯へと撤退した。
大西洋異聞帯ではカドックと同様にカルデアやオリュンポスの女神と接触・対話するなど単独行動をとっていたが、どこまでも他人を嘲笑し続けるアルターエゴ・リンボに対して「好き放題に荒らされたインド異聞帯の仇」として、修験道の使い手である自身が特別に編み出した術式を発動させ、リンボの「疑似的な不滅」を打ち破ることに成功。また恩義があり、全幅の信頼を寄せていたキリシュタリアベリルの裏切りによって志半ばで亡くなったことを知ると、ベリル打倒を固く誓った。
人物
イタリア系の風貌のフリーランス魔術師。仲間たちやマシュからは「ペペ」という愛称で呼ばれている。
「スカンジナビア・ペペロンチーノ」は偽名で、本名は妙漣寺鴉郎(みょうれんじ あろう)。国籍不明とされていたが、修験道に通じる日本人である。
いわゆるオネェ系の女性口調で喋る。Aチームでは最年長であるが、気さくでひょうきんな性格でいつもジョークを口にしては場の雰囲気を温かくしていた。聞き上手でもあった。
ダ・ヴィンチからは生まれる時代を間違えた男と評価された。
妙に仏教に詳しく、特にインド神話にとても強く、『何度も滅びては繰り返す神話観』を好んでいた。
上記のようなムードメーカーではあるのだが、それは後述する能力に由来する面もあり、自分自身については表には出さないがとある理由で非常に大きな諦観を抱いている。
能力
高いマスター適性を持つ。極限状況下でのサバイバル適性に優れ、マリスビリーからもそれを見込んでAチームにスカウトされる程。
修験道に由来する魔術を使いこなし、自身の身体強化による運動能力はサーヴァント相手にある程度防戦が成立するほどである。
また、「六神通」と呼称される修験道の法力のうち、身体能力を高める「神足通」、他人の心を読む「他心通」、自分の運命を悟る「漏尽通」の3つを習得している。これらのうちの特に最後が前述した諦観の原因になってしまっている。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

Fate/Grand Order
第二部からクリプターの一員として登場。
彼の管轄となっているインド異聞帯にて出会うことになるが……。

人間関係編集

芥ヒナコ
マシュによると、いつも本を読んでいる彼女も、ペペロンチーノの前では本を閉じていた。
初対面の時点で「人間ではない」と勘づいていたが、あえて追求するような事はしなかった。
カドック・ゼムルプス
姉貴分?として人理焼却前から色々と世話を焼いていた模様。
特に彼の劣等感にも気づいていたようで、人理焼却前から色々とアドバイスしていた。
デイビット・ゼム・ヴォイド
「謎の四角」についてアドバイスを求めるなど、信頼を寄せている。
また、インド異聞帯へやってきた彼に驚きながらも「思わぬ幸運」と称するほど喜びを見せた。
何気にペペロンチーノの本名を知っている数少ない人物の一人。
キリシュタリア・ヴォーダイム
クリプターのリーダーとしての実力を認める一方で、「その席に座ってから笑わなくなった」と彼の心境の変化に気付いている。
彼に対しては全幅の信頼を寄せており、シミュレーション世界で対話した際には自らの本名を伝えている。
オフェリア・ファムルソローネ
カルデア所属時から「女子会」と称して共にお茶をしたり、冗談を言ってからかうなど友好的な関係。
世界白紙化以降は、彼女が「別の理由でクリプターとして生きようと誓っていた」と勘付いていた。
ベリル・ガット
彼をして「真剣にさせたらヤバイ」と言わしめ、「コイツの地が出るくらいのピンチなんざそれこそ世界が終わりそうな状況」と評された。
大西洋異聞帯で彼がキリシュタリアを裏切ったため、打倒を誓うなど本気で怒りを募らせている。
マシュ・キリエライト
オフェリア同様、「女子会」と称して頻繁にお茶に誘っていたらしい。
アシュヴァッターマン
インド異聞帯での彼のサーヴァント。
先に上げた自身の「諦め」について自分の代わりに怒りを抱いてくれる、という意味では得難い存在である。
相性は良好で、アルジュナに契約を奪われたために敵対せざるを得なくなったが終盤は共闘、のちに復帰する。
アルジュナ〔オルタ〕
自分が担当するインド異聞帯の王。
あまりの規格外っぷりに完全に持て余しており、リンボの介入により彼にサーヴァントを奪われる事態になってしまった。
その思想は相容れないものだったが、彼が今際の際に見せた「悔しい」という感情には内心で同情している。
アルターエゴ・リンボ
インド異聞帯を荒らしまわり、悪辣に弄んだ張本人。
大西洋異聞帯でも他者を嘲笑い続けていたところに接触し、生活続命の術を打ち破って一泡吹かせることに成功した。

名台詞編集

Fate/Grand Order編集

戦闘編集

「令呪を以て命ずるわ。 運命に、怒って!」
インド異聞帯にて、戦闘で最後の令呪を使用した際の台詞。
自身と契約したサーヴァント、あらゆる理不尽に対して怒りの炎を燃やし続ける憤怒の戦士に対し、心の底から叫ぶ。

本編 編集

メモ編集

  • 偽名であるペペロンチーノとは、言うまでもなくパスタを用いたイタリア料理の一種[注 1]。コフィンで凍結されたことも相まってか、「冷凍パスタ」という渾名を戴かれたそうな。
  • ビジュアルが公開された時から、唇を模したような形状の令呪に、ピンク色のルージュとぴっちりと肌にフィットしたネット状の上着という凄まじいデザインで皆の注目を集めた。おまけに後に公開された全身絵ではハイヒールを履いていることが確認できる。……その為か、プレイヤーからは「オネエ系」ではないかと予想されていた。
    • そして第二部第一章が公開された結果、大方の予想どおりオネエ系であることが明らかになった。さらには事前情報通りのムードメーカーで周囲への気配りもできる上に「本気を出すと怖い」という事実も明かされた為、相当の強敵であると予想されるようになった。
    • 「インドと関わりがある」「オネエキャラ」という点から、『正体はカリー・ド・マルシェなのでは?』という冗談めいた憶測も出ているが、「ペペロンチーノ」というネーミングの意図に『真月譚 月姫』において公式設定を飛び越えてシエルがパスタを食するシーンが登場、批判の的になった件のアイロニーが含まれているのでは、という見方もあり、あながち荒唐無稽とも言い切れない。

脚注編集

注釈編集

  1. 正確にはペペロンチーノ(peperoncino)はトウガラシという意味。「ニンニクとオイルとトウガラシのパスタ Pasta aglio, olio e peperoncino」という料理名の一部分だけが日本で広まっている。

出典編集

  1. 『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』

リンク編集