メインメニューを開く
スカンジナビア・ペペロンチーノ
外国語表記 Scandinavia Peperoncino [出 1]
本名 妙漣寺鴉郎みょうれんじ あろう
性別 男性
声優 河西健吾
デザイン pako[1]
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

目次

概要編集

Fate/Grand Order』に登場する魔術師。Aチーム、後のクリプターの一人。

略歴
マリスビリーが旅先で知り合い、スカウトした。
Aチームメンバーとしてカルデアから選抜され、アーチャーを召喚予定だったが、レフの妨害工作により瀕死の重傷を負い、コフィンで凍結保存されてしまった。
人物
イタリア系の風貌のフリーランス魔術師。国籍不明で、偽名を使用している。
Aチームでは最年長であるが、気さくでひょうきんな性格でいつもジョークを口にしては場の雰囲気を温かくしていた。聞き上手でもあった。
ダ・ヴィンチからは生まれる時代を間違えた男と評価された。
妙に仏教に詳しく、特にインド神話にとても強く、『何度も滅びては繰り返す神話観』を好んでいた。
能力
高いマスター適性を持つ。極限状況下でのサバイバル適性に優れ、マリスビリーからもそれを見込んでAチームにスカウトされる程。
修験道に由来する魔術を使いこなし、自身の身体強化による運動能力はサーヴァント相手にある程度防戦が成立するほどである。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

Fate/Grand Order
第二部からクリプターの一員として登場。
彼の管轄となっているインド異聞帯にて出会うことになるが……。

人間関係編集

芥ヒナコ
マシュによると、いつも本を読んでいる彼女も、ペペロンチーノの前では本を閉じていた。
初対面の時点で「人間ではない」と勘づいていたが、あえて追求するような事はしなかった。
カドック・ゼムルプス
姉貴分?として人理焼却前から色々と世話を焼いていた模様。
特に彼の劣等感にも気づいていたようで、人理焼却前から色々とアドバイスしていた。
マシュ・キリエライト
オフェリア同様、「女子会」と称して頻繁にお茶に誘っていたらしい。
アシュヴァッターマン
インド異聞帯での彼のサーヴァント。
アルジュナ〔オルタ〕
自分が担当するインド異聞帯の王。
あまりの規格外っぷりに完全に持て余しており、とある人物の介入により彼にサーヴァントを奪われる事態になってしまった。

名台詞編集

メモ編集

  • 偽名であるペペロンチーノとは、言うまでもなくパスタを用いたイタリア料理の一種[注 1]。コフィンで凍結されたことも相まってか、「冷凍パスタ」という渾名を戴かれたそうな。
  • ビジュアルが公開された時から、唇を模したような形状の令呪に、ピンク色のルージュとぴっちりと肌にフィットしたネット状の上着という凄まじいデザインで皆の注目を集めた。おまけに後に公開された全身絵ではハイヒールを履いていることが確認できる。……その為か、プレイヤーからは「オネエ系」ではないかと予想されていた。
    • そして第二部第一章が公開された結果、大方の予想どおりオネエ系であることが明らかになった。さらには事前情報通りのムードメーカーで周囲への気配りもできる上に「本気を出すと怖い」という事実も明かされた為、相当の強敵であると予想されるようになった。
    • 「インドと関わりがある」「オネエキャラ」という点から、『正体はカリー・ド・マルシェなのでは?』という冗談めいた憶測も出ているが、「ペペロンチーノ」というネーミングの意図に『真月譚 月姫』において公式設定を飛び越えてシエルがパスタを食するシーンが登場、批判の的になった件のアイロニーが含まれているのでは、という見方もあり、あながち荒唐無稽とも言い切れない。

脚注編集

注釈編集

  1. 正確にはペペロンチーノ(peperoncino)はトウガラシという意味。「ニンニクとオイルとトウガラシのパスタ Pasta aglio, olio e peperoncino」という料理名の一部分だけが日本で広まっている。

出典編集

  1. 『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』

リンク編集