異星の神

異星の神
読み いせいのかみ
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要編集

『Fate/Grand Order』で登場した謎の存在。

略歴
カルデアから選抜されたマスター候補の中の上位7名、Aチームがレフ・ライノールの爆破で危篤状態になった際、キリシュタリア・ヴォーダイムを選び蘇生させたが、キリシュタリアが推薦し、必要な対価を払った事で他のAチームメンバーもクリプターとして蘇生させた。
第2部では汎人類史に対して異聞帯を用いた侵略を行った。
そしてLostbelt No.5『星間都市山脈 オリュンポス』にて本格的に登場。空想樹を依り代に顕現しようとしたが、当てにしていたマゼランが別の空想樹であるセイファートの炎上に巻き込まれたために不完全な形でしか顕現できず、想定外の形で現れる羽目になってしまった。
人物
感情表現が一切ないため、人格のほどは不明。いまだその肉体がないとされる。
後に肉体を持って顕現した際にはあまりにもあんまりな人間性だったため、依り代の影響を多大に受けた疑惑が拭えず、本来の人格なのかも不明である。
能力
方法は不明だが汎人類史を押しつぶせるほどの可能性を持った異聞帯を侵略兵器として用いた。
また、何らかの方法で七人のクリプターを蘇生した。人間一人を蘇生させるのに、数秒であれ世界を止めるだけの苦痛と労力が必要になり、世界を敵に回すだけの苦しみに耐えるという対価が必要となる。また、虚数に沈んだ状態では対価を払えない。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

Fate/Grand Order

人間関係編集

Fate/Grand Order編集

グレゴリー・ラスプーチンリンボ千子村正
異星の使徒として選ばれたアルターエゴサーヴァントたち。
ロシアの怪僧の力を譲り受けた平成の神父、平安時代の怪人、平成の高校生と融合した戦国時代の刀鍛冶と、何故か全員日本人で構成されている。
言峰の台詞や『選ばれた』というフレーズからわざわざこの面子を選定したらしいことが窺えるが、何を基準として選ばれたのかは不明。依り代の出所をはじめ不可思議な点が多数指摘されているラスプーチン、そもそも正規手段では召喚が不可能なはずの村正がいる辺り手間をかけてでも呼び出す理由があったのか、それとも……。
第2部5.5章『地獄界曼荼羅 平安京』の終盤において、窮地に陥ったリンボは情報提供として二騎の使徒さえ知りえぬ秘密を仄めかしていたが、真偽は不明[注 1]
タマモヴィッチ・コヤンスカヤ
不干渉の契約を結んだ、「ビジネスパートナーのような相手(コヤンスカヤ談)」。
キリシュタリア・ヴォーダイム
本来、異星の神が自らの伝道者として選んだ人物。
カドック・ゼムルプスオフェリア・ファムルソローネ芥ヒナコスカンジナビア・ペペロンチーノベリル・ガットデイビット・ゼム・ヴォイド
蘇生したクリプター。キリシュタリアが推薦したから蘇生したのであって、本来は異星の神に選ばれずに捨てられていた。
ゲーティア
異星の神の侵略を予期し、人理焼却を行った者。
とはいえ異星の神からすると、予想外ではあっても予定を変える程ではなかった模様。

名台詞編集

Fate/Grand Order編集

「———状況の変化を確認した。」
「選ばれし君たちに提案し、捨てられた君たちに提示する。」
「栄光を選ぶならば、蘇生を選べ。怠惰を望むならば、永久の眠りを選べ。」
神は、どちらでもいい。・・ ・・・・・・・ 
キリシュタリアの望みを受け入れ、他のクリプター達を蘇生させての言葉。
何とも上から目線の言葉であるが、後に明かされたキリシュタリアとのやりとりを見る限り、本当にどちらでもいいと思っていたようである。

メモ編集

話題まとめ編集

脚注編集

注釈編集

  1. 例によって段蔵からは言い逃れの嘘と見なされていたが。

出典編集


リンク編集