メインメニューを開く

目次

概要編集

大英雄として広く伝わる英雄の中の英雄を指すと思われる呼称。
通常のサーヴァントとは質からして異なる存在に対する分類であるグランドサーヴァントハイ・サーヴァントなどとは異なり、ただ単にその英雄の凄さを端的に表す称号のようなものと推測される。

現在『EXTELLA』と『Grand Order』に登場した呼称だが『Grand Order』でトップ・サーヴァントと推測されたサーヴァントが『EXTELLA』では通常のサーヴァントと同列の扱いであるなど、言葉そのものが同じでもその指すところには差異がある様子。

月世界におけるトップサーヴァント
通常の七分類とは異なる特殊クラスで召喚された七騎の英傑。トップサーヴァントに定められた電脳体は、元来SE.RA.PHに長居するようには作られていない。
「星海交わる混沌宮殿 Mare Origo:原初の海」はトップサーヴァントの支配する原初と混沌の世界とされる。
Fate/EXTELLA』ではアルテラ解放を感知したムーンセル・オートマトンによって五騎のトップサーヴァントが召喚されたが、本来打ち倒すべきアルテラの陣営に自らの意志で所属するなど、召喚された意図に反して直接の味方となった者は多くなかった。
続く『Fate/EXTELLA LINK』でもトップサーヴァントとして新たに二騎が登場しているが、既にアルテラは前作の経緯から転生しているため、召喚理由は現時点では不明。このうちカルナとスカサハは同化されて敵に回り、アルトリアとイスカンダルはそれぞれ単独行動、ジャンヌやギルガメッシュも魔力を搾り取られて利用されるという憂き目にあっている。
唯一アルジュナだけが味方陣営で奮戦していたが、こちらもルートによっては(一時的ではあるが)同化されている[注 1]状態である。
ただし、これについては“天声同化”の性質が厄介で「カール大帝に何らかの同情を示す」だけで発動するものであるため、『EXTELLA』のように意図して大帝側についたわけではない。そのためアルジュナと、ルートによってはカルナも、同化が解けたあとは味方陣営に復帰している。

これまで登場したのは以下7人。

名前 クラス 登場作品
ギルガメッシュ アーチャー Fate/EXTELLA
Fate/EXTELLA LINK
イスカンダル ライダー Fate/EXTELLA
Fate/EXTELLA LINK
ジャンヌ・ダルク ルーラー Fate/EXTELLA
Fate/EXTELLA LINK
カルナ ランサー Fate/EXTELLA
Fate/EXTELLA LINK
アルトリア・ペンドラゴン セイバー Fate/EXTELLA
Fate/EXTELLA LINK
スカサハ ランサー Fate/EXTELLA LINK
アルジュナ アーチャー Fate/EXTELLA LINK

言及作品編集

メモ編集

話題まとめ編集

脚注編集

注釈編集

  1. 第三ルートのみ。無銘によれば、帝都が大帝軍に侵攻された際、アルジュナは防衛のために宝具を放ったあと行方不明になったとのことで、詳細は不明だが4日目終了後から5日目開始までの間に大帝側から彼に対して何らかの接触があったと思われる。

出典編集


リンク編集