メインメニューを開く
ランサー
真名 パールヴァティー
性別 女性
身長 156cm
体重 46kg
依代 間桐桜
出典 インド神話
地域 インド
属性 秩序・善
隠し属性
一人称
二人称 あなた
三人称 彼/彼女/あの方
声優 下屋則子
デザイン 蒼月タカオ
設定作成 奈須きのこ
レア度 ☆4
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

目次

概要編集

槍兵」の疑似サーヴァント

略歴
『Fate/Grand Order』では「パールヴァティー体験クエスト」で実装されたが、ストーリーでの出番はなかなか与えられず、期間限定イベント『徳川廻天迷宮 大奥』で初めて主人公の同行サーヴァントの一人として登場。
カルデアから姿を消したサーヴァントの最後の一人ということで現地で合流するが、死にかけていた春日局に肉体を貸した為に二人で一人の状態になってしまう。
事件の黒幕も自身と縁のある存在であったが、主人公らと共に無事に打ち倒した。
人物
魂と肉体の波長の合う間桐桜の体を寄り代に顕現させている…が、この肉体の本来の持ち主である桜が神霊クラスの英霊であるパールヴァティーを逆に支配し返す形で融合している状況となっている。
人間である桜に神の記憶量は耐えられないことを考慮してか、桜の過去の出来事・記憶はパールヴァティーと融合したことで封印され、パーソナリティーはパールヴァティーのものに上書きされている[注 1]。しかしながら疑似サーヴァントとして顕現したパールヴァティーの性格は桜のものであり、パールヴァティーの判断基準と嗜好性は桜が今まで培ってきた人間性に全て委ねている。
結論すれば、両者は互いが合意の上、お互いの良いところを重ね合わせ、悪いところを切除して新生した疑似サーヴァントといえる[注 2]
実際、とても引っ込み思案である桜はこの状態ではちょっとだけ素直になっており、物怖じする事なくハッキリ物事を言うことができるようになっている。
温和な性格ではあるが、だからといって気弱ではなく、芯がとても強い。どんな責め苦を受けても心の折れない、ある意味、意地と根性の塊でもある。
『依代の少女』の善性だけで構成されたものの『悪性』がないわけではなく、『依代の少女』が持つヤンデレ感……扱いを間違えると危険物になる、という点はわずかながら残っている。そのため彼女を本気で怒らせるととても怖く、受けた恨みは自分の気が済むまでは決して忘れない。しかし、悪に落ちることは絶対にない。
能力
依代の持つ能力およびパールヴァティーと同一視されている女神の特性を秘めているためか、戦闘もそれなりにできる。
戦闘ではシヴァから借り受けた三叉戟「トリシューラ」を駆使して戦うが、依代に戦闘経験がほとんどないためか、雷撃はともかく槍術のほうはかなり残念である。

ステータス編集

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
ランサー 主人公 (Grand Order) D C D B B EX 対魔力:A 女神の神核:B
イマジナリ・アラウンド:EX
カーマの灰:EX
女神の恩恵:A+

宝具編集

恋見てせざるは愛無きなり(トリシューラ・シャクティ)
ランク:EX
種別:対軍宝具
レンジ:5~10
最大捕捉:30人
由来:
パールヴァティーがシヴァより借り受けた三叉戟、トリシューラの限定解放。三叉の先にはそれぞれ創造と破壊の神の力を宿している。
シヴァが与える武器によってパールヴァティーのクラスは決定されており、借り受けたトリシューラにより、パールヴァティーはランサーとしてのクラス資格を得ている。
無論借り物である以上、本来の持ち主であるシヴァが振るう時ほどにこの武器の真価を発揮することはできないが、かえってそれがサーヴァントとしての枠組みを守る助けになっている。だが、女神の振るう宝具であるという事実に変わりはないため、そのランクはEXに位置付けられる。
宝具解放時にはパールヴァティーが分身し、敵にトリシューラの雷撃を落とす。
ちなみにパールヴァティーの好みで、使いやすいようにカスタマイズさせてもらっている[注 3]
『Grand Order』では「敵全体に強力な攻撃&敵全体に中確率で魅了状態を付与[注 4]&味方全体のNPを増やす[注 5]」という効果のQuick宝具。

真名:パールヴァティー編集

インド神話における破壊と創造の神シヴァの妻。
パールヴァティーには神としての権威が存在せず、あくまでシヴァの妻である女神として扱われる事が多い。
しかし、シヴァの妻には「戦神」として語られるものもいる。ドゥルガーやカーリーである。
これらの女神とパールヴァティーは別の霊基だが神核は同じものとされる。

関連編集

ドゥルガー、カーリー
どちらもシヴァの妻とされる戦女神。パールヴァティーが宿敵アスラへの怒りから変じたものとされており、まずドゥルガーに変じた後にカーリーがドゥルガーから誕生すると言われている。性格も好戦的かつ残忍なものとなり、特にカーリーは倒したアスラの生首で首飾りを作ると言われている。
ガンガー
ドゥルガーやカーリーほど有名ではないが、パールヴァティーが変じた大河ガンジスの化身。妹とも言われている。
サティー
シヴァの最初の妻で、パールヴァティーは彼女の生まれ変わりとされている。
スカンダ、ガネーシャ
シヴァとの間に産まれた息子たち。特にガネーシャは象頭人身のユーモラスな姿(尤も、そうなった経緯はかなりエグいが)から、日本でも人気の高い神様である。
ナンディー
聖牛ナンディンとも。シヴァ神が持つという神獣であり、パールヴァティーがライダーとして召喚された場合借りてくる事ができる。
豊穣などを司る獣であるため、神獣としてはありえないほど攻撃力が低いとか。
バレンタインイベントではこの神獣を象ったチョコレートを主人公にプレゼントしたが、如何せんサイズがそのままである上に中味までチョコを詰め込んだ。
彼(?)から自分をモデルにすることに反対しており、「致命的にセンスもといモラルがない」「せめてもっと食べやすい大きさに」と指摘されたが、彼女からはやる気を削ぐようなアドバイスだと不満をこぼし、後でお腹に超音波を当てるそうな。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

Fate/Grand Order
『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」公開記念キャンペーン』の開催に際して実装。

人間関係編集

Fate/Grand Order編集

マシュ・キリエライト
同じ後輩属性の上、外敵に対する警戒心が高いことも共通している為か、同族の匂いを感じ取っている。
ハサン・サッバーハ〔呪腕のハサン〕
チンピラを引き連れているのと、彼から感じる「嫌な蟲の臭い」を察知してか、敵対心を顕にしている。
……尤も、チンピラを更生している事や、妄りに殺しはしないということを知って謝ったそうな。
ジャガーマン
サーヴァントや聖杯に縁のある藤村大河を寄り代にした疑似サーヴァント。
出会った際にはパールヴァティーは「先生」と呼んでしまった。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン (Grand Order)
第五次聖杯戦争におけるバーサーカーのマスターのIF存在が疑似サーヴァントになった者。
イリヤに対して面識があるのは桜だけだったが、やはり初対面で彼女が名乗る前に呼んでいた。
イシュタル
姉である遠坂凛を寄り代にした疑似サーヴァント。
そのせいか神話系統が違うにもかかわらず因果を感じ取っており、「自由すぎるのも時には困りもの」と女神に対する感情以外の含みもありそうな言動を見せている。
エミヤブーディカ
カルデアで日本料理と西洋料理を教わっている相手。
千子村正
見ているだけでとても落ち着くのだとか。
メドゥーサ
桜が契約していたサーヴァント。そのためかパールヴァティーも「美人だし、優しいし、格好いいし」と全体的に好意を見せている。
アルジュナ
同郷の大英雄。彼女自身というよりは夫である破壊神シヴァの関係者で、シヴァ神から「破壊神の手翳パーシュパタ」を授かった。
パーシュパタは本来極めて危険な代物であるため、うっかりするといろいろ爆砕するからそうポンポン乱発しないように、と少しばかり心配している。
また彼らインド系サーヴァントたちに対して、パールヴァティーは可愛い子供のように思っている。
パッションリップ
交流は未だないが、自身にまつわる神核の2つを組み込まれたハイ・サーヴァント。
春日局
期間限定イベント『徳川廻天迷宮 大奥』にて、死の淵にいた彼女を助ける為に体を貸すことになった。
カーマ
期間限定イベント『徳川廻天迷宮 大奥』にて敵対した相手であり、「間桐桜」の自分が使用しなかった暗黒面の疑似サーヴァント。自分と夫の問題に巻き込まれて不幸な目に遭ったことには申し訳なく思っているが、人理のためなら敵対もやむなしと思っている。
カルデアでは自分と同じ顔で露出度等がいろいろとアレな存在であるため、なるべく見ないようにしている模様。一方で彼女がサーヴァントとして現れた事で、インド異聞帯で異変が起きたのでは?と心配している。
大いなる石像神刑部姫巴御前
息子ガネーシャをその身に宿した疑似サーヴァント、およびそのゲーム仲間。ガネーシャ(というよりはどちらかと言えば依り代の女性)がゲーム漬けになるなどあまりにも自堕落な生活を送っていたため、心を鬼にしてのお説教を実行した。
アシュヴァッターマン
夫であるシヴァ神の半化身であり、そういった関係もあって深く敬意を持たれている。幕間では彼がバトルマニア連中との戦闘に夢中になりすぎてしまい食事を疎かにしたため、ブーディカと結託してお説教を実行した。

生前?編集

シヴァ
夫。彼女がしばしば口にする愛の対象。
ガネーシャ
息子。夫絡みのエピソードの結果、頭が象になった。

名台詞編集

「こんにちは、カルデアのマスターさん。女神パールヴァティーと申します。此度は清らかな少女の体を借りて顕現させていただきました。
私も不慣れな状況ですので、一緒に成長させてくださいますか?」
召喚時の挨拶。他の女神系サーヴァントはおろか全体から見ても非常に謙虚。しかし依代を「清らかな少女」と表現したことに違和感を抱いてしまったプレイヤーもいることだろう。悪性をほぼ廃しているので嘘ではないのだが。
「感じてください。これが私の、天まで届く恋の波動! 『恋見てせざるは愛無きなりトリシューラ・シャクティ』!」
宝具発動。穏やかな女神の情愛は、空を貫く雷霆となる。
「スカーヴァティー!!?!」
体験クエストで、ジャガーマンから『カルデアにはエミヤが何人も居る』と聞かされて。スカーヴァティーとはサンスクリット語で「極楽」を意味するから、驚きと嬉しさが入り雑じってこのように叫んだのだろう。もっとも、いずれも彼女のエミヤ像からは離れた存在であるが

メモ編集

  • パールヴァティーは、仏教における烏摩妃または波羅和底であり、この仏は「左手に三鈷戟を持ち、牛に乗っている」。またパールヴァティーと同一視され、同じ神核であるドゥルガーは、シヴァから三叉戟を授かっている。
    おそらくこれらの伝承を元に、パールヴァティーがシヴァよりトリシューラやナンディーを借り受ける設定になったと思われる。
  • レオナルド・ダ・ヴィンチによれば『女神というのはたいてい裏表があり、ちょっとした対応ミスで人間に罰を与えるのがほとんど』であるとのこと。
  • イシュタルは女神側が遠坂凛を核に顕現しているが、パールヴァティーは逆に間桐桜が女神を核にして現界する形となっている。
  • 彼女の実装により「stay night」のメインヒロイン3人全員がサーヴァントとして実装される事となった。クラスもセイバーアーチャー、そしてランサーで三竦みとなる。
  • なぜか謂れなきバッシングが多いキャラクターである。
    • 彼女のキャラクターとしての存在が目に入ったアメリカのヒンドゥー教団体の代表から「パールヴァティーはこのような女神ではない、誤った認識を広めてしまうので訂正してほしい(意訳)」の抗議を受けており、その主張の一つは「パールヴァティーがトリシューラを持っているのはおかしい」というもの。この槍は「シヴァから借り受けたもの」とゲーム内マテリアルに明記されているわけだが…。尤も、抗議した人はヒンドゥーに纏わる事ならなんでも噛み付き、この手の物言いをゲームのみならずあらゆる方面に年中行っているという所謂「困った人」として有名である。
    • 「一部のユーザー」が同絵師のブーディカジャガーマンの立ち絵等と比較して批判を行い、それに伴って彼女のイラストレーターを担当した蒼月タカオ氏に対する誹謗中傷が発生、その後タカオ氏のTwitterとpixivのアカウントが削除される事態に陥った。
      • その後は概念礼装こそ追加されたものの『FGO material Ⅴ』でのコメントは「使用してくれる方々には感謝しかありません。ありがとうございます」といったものであり、同じく氏が担当したキャラクターと違って彼女のデザインに関しては一切触れられなかった[出 1]
      • なお『FGO material Ⅵ』において「あるサーヴァントに対してコメントが掲載されていなかった」という事態が起きているが、こうなった原因はFGOの関係者へのバッシングではなく、イラストレーターのミスによるものである。

脚注編集

注釈編集

  1. 尤も、桜の知り合いと出会った際にはパールヴァティーとしては身に覚えがなくとも、名前を言っている。
  2. また、今の状態を魔法少女に近いと述べており、変身したまま戻れず、戻れた時にはすべてを忘れる、という限定的な現界であることも示唆されている。
  3. 三叉の真ん中が短くなっており、攻撃時のエフェクトから考えると音叉に近くなっている。
  4. 1ターン
  5. オーバーチャージで効果UP

出典編集

  1. 「パールヴァティー」『Fate/Grand Order material Ⅴ』p.345

リンク編集