メインメニューを開く
アーチャー
真名 パリス
性別 男性
身長 145cm
体重 38kg
好きな物 日向ぼっこ
苦手な物 乱暴
出典 トロイア戦争
地域 ギリシャ
属性 中立・中庸
隠し属性
一人称
二人称 皆さん
三人称 〇〇さん
声優 寺崎裕香
デザイン 輪くすさが
レア度 ☆2
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要編集

弓兵」のサーヴァント

略歴
人物
羊の巻き角のように編まれた淡い金髪に赤眼の美少年。服装も一括して魔法少女のような格好。
この姿は肉体面での全盛期ではなく、一緒についてきたアポロンが「この時期のパリスちゃんが一番輝いていた」と勝手に変更したため。
年相応の子供らしく天真爛漫な性格だが生まれの為か礼儀正しく、自分が弱い事やあまり役に立てない事を若干気にしているが、それでも戦意はきちんと持ち合わせている。
ただ、どうしようもなく優柔不断で、生前もサーヴァントになってからもそのせいで重大な決断を誤ってしまう傾向がある。
能力
巨大なクロスボウと、羊のぬいぐるみと化したアポロンを武器として戦う。

ステータス編集

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
アーチャー 主人公 (Grand Order) D C B B+ A A 対魔力:B
単独行動:EX
太陽神の眼(偽):B+
男神の寵愛:B
不和呼びし黄金の林檎:EX

宝具編集

輝かしき終天の一矢(トロイア・ヴェロス)
ランク:A
種別:対人宝具
レンジ:1~10
最大捕捉:1人
太陽神アポロンの力を借りて放つ、渾身の一矢。如何なる障害をも乗り越え、敵の急所に必ずヒットする。
急所が有名な英雄キラー。アキレウスだけでなく、弱点さえ知れば竜の血で身を固めたジークフリートなども倒すことが可能かもしれない。
しかしその為には前提として敵の急所を知らなければならない上に、相手の敏捷、幸運、魔力のランクなどにも左右される。
『Grand Order』では「自身に無敵貫通状態を付与[注 1]&敵単体に超強力な[急所判明]状態特攻攻撃[Lv.1~]<オーバーチャージで特攻威力アップ>」という効果のQuick宝具。
不和呼びし黄金の林檎(ディスティヒア・ミリャ)
ランク:EX
種別:対人宝具
レンジ:0
最大捕捉:1人
不幸のリンゴ。神々の力が宿った不和をもたらすリンゴ。
最も美しい女神に対して贈られるはずだったこのリンゴは、トロイア戦争を引き起こした。
リンゴ自体に破壊力はないが、結果として「敵味方関係なく莫大な破壊を引き起こす」という非常に厄介な代物。抵抗には幸運や精神耐性などが重要視される。
『Grand Order』では基本的に使用されない。ゲーム内では「自身のNPを増やす[Lv.1~]&自身のHPを回復[Lv.1~]」という効果の保有スキル。

真名:パリス編集

パリス。九偉人にしてトロイアの英雄ヘクトールの弟。
彼がメネラオス王からヘレネー奪い去ったことにより(女神に約束されていたとはいえ)、トロイア戦争が始まった。
ヘクトールと共に奮戦し、ヘクトール亡き後もアキレウスを討つなどの活躍を見せた。
トロイア王プリアモスの息子として生まれたパリスは予言者の「近く生まれてくる子供はトロイアを破滅に導くだろう」という予言により、イーデー山の頂上に捨てられた。
ところが赤ん坊は雌熊の乳によって生き延びており、それを見たアゲラオス(王の命令によってパリスを捨てた男)は自分の子供と一緒に育てることにした。
なお、パリスは「ずだ袋」の意味であり、山から連れ帰る際にずだ袋に入れられていた経緯からとされている。[注 2]
非の打ち所のない美少年に育ったパリスは、ある日アテナ、アフロディーテ、ヘラという三人の女神で一番美しいものは誰か、という審判(ジャッジ)を任されることになる。
ヘラは王位と富貴を、アテナは勝利と美貌を与えると告げたが、アフロディーテはギリシャ最高の美女ヘレネーを与えるとし、パリスはアフロディーテを選んだ。
だが、ヘレネーは既にスパルタ王メネラオスの妻であり、必然的にパリスは彼からヘレネーを奪う形となった。
そしてかつてヘレネーの夫の座を巡って争った男たちは「彼女が奪われた際は協力して事に当たる」という誓約を立てていた。
最早争いは不可避であり、トロイアはギリシャ連合軍との戦争に陥った。
後に言うところのトロイア戦争の始まりである。

関連編集

パリスの審判
上記のように3人の女神の誰が一番美しいか?を問われた際に、パリスが判定する羽目になった審判。元々はアフロディテと鍛治の神ヘファイストスの結婚式[注 3]に争いの女神エリスだけが招待されず、その事に怒ったエリスが黄金のリンゴを投げ入れて仕掛けたもの。
ここから争いごとの終焉を第三者に委ねること、またはそれを任された人物のことを呼称する言葉として使われている。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

Fate/Grand Order
2019年の4周年記念キャンペーン開催に伴い実装。直後のイベントの概念礼装にも登場しており、第三特異点「封鎖終局四海 オケアノス」やバレンタインイベントでのヘクトールの台詞から存在自体はたびたび言及されていた。その後、大西洋異聞帯前章「神代巨神海洋アトランティス」で本格再戦する。


Fate関連作品編集

教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー
13時間目のヘクトールの回に、彼の関係者として登場。

人間関係編集

Fate/Grand Order編集

ナイチンゲール〔サンタ〕
特大の注射器を持っているので、非常に怖がっている。
ブラダマンテの幕間の物語では、うっかりくしゃみをしたためにサンタでない方の彼女に連行されてしまった。
ディオスクロイ
自分が奪取したヘレネーの双子の兄妹達。
現時点で両者に絡みはなし。

生前編集

ヘクトール
兄。ヘレネーの件で誰もが自分を白眼視する中、ただ一人かばってくれたため懐きまくっている。
だが、一方の彼からすれば『愚弟』と称するほど散々とばっちりやら尻拭いやらをさせられた相手でもある。
アキレウス
トロイア戦争で討ち取った相手。こちらが天真爛漫なので向こうからすると「毒気が失せた」という感じなのだが、それが不満の様子。
ペンテシレイア
兄の死後トロイアに来た援軍。生前は兜をかぶったままなので顔を見る事は無かったが、『Grand Order』で顔を見た時の反応は「かっこいい」なので、とりあえず地雷は踏まずに済んだ。
アポロン
自身に加護を与えてくれる神。『Grand Order』では召喚されたパリスに羊の格好で勝手についてきた挙げ句、自分の好みで彼を少年時代の肉体年齢に変えてしまった。
なお、羊の格好でも普通に喋れるようである。
アルテミス
自身に寵愛を与えてくれた神であるアポロンの妹。面識があるのかパリスから見ると「ギャップが凄い」とのこと。
なお、オリオンとの悶着のせいかアポロンから見ると彼女は怯える対象らしい。
アスクレピオス
アポロンの息子。だが、嘘で騙されたとはいえ母親を殺した上に自分を翻弄した『愚かな神々』の一人でもあるため露骨に嫌っている。マイルーム会話でも気配を感じとり、忌々しそうに舌打ちをしている。
自身の幕間で鉢合わせした時も問答無用でアポロンを取り上げて投げ捨てたのだが、両者の確執を知らないパリスは終始戸惑い気味であった。
イアソン
ヘクトールから窮地に立たされて初めて英雄としての真価を発揮する所がパリスとそっくりと称された英雄。同時期に追加された新規サーヴァント同士でもある。
アテナ、ヘラ、アフロディテ
自分に厄介な審判を押し付けてきた女神達。
ヘレネー
彼女をメラネオスから奪った事で、トロイア戦争が勃発する。
オデュッセウス
彼が仕掛けた木馬作戦に対抗の手立てを打てず、祖国の滅亡を許してしまう。
原典では木馬作戦の直前にピロクテーテスに倒されている。

名台詞編集

Fate/Grand Order編集

戦闘編集

「発射します! よろしくお願いしまーす!」
EXアタック時の台詞。言い方と口調がとあるアニメ映画を思わせる。
「システムアポロン、起動! トロイアスバレル、チェック! サンライトオーバー! 3! 2! 1! 『輝かしき終点の一矢トロイア・ヴェロス』、発射ぁーっ!!」
宝具発動。兄と同じくこの近代風台詞な辺りはさすが兄弟である。

マイルーム 編集

「は、はい! アーチャー、パリス。アポロン様ともども召喚されました! 未熟ですが、一生懸命がんばります!」
召喚時の台詞。とても可愛いが、アポロン云々の文字に「うん?」と二度見してしまった方はいたのではないだろうか。
「はい! マスターが主です! 僕もサーヴァントとして、頑張りますね!」
「誰かに仕えることは慣れています。ただ、この若さなのでもしかするとお役に立てないかもです」
マイルーム会話「会話2」「会話3」。王子でありながら謙虚さが伺える。
「聖杯、ですか。うーん……トロイア戦争で、何をどうすれば勝てたのかな……」
マイルーム会話「聖杯について」。兄が聞いたら「どう考えてもお前があの木馬を引き入れたせいだろ!?」と怒りそうである。[注 4]
「トロイア戦争において、ほとんどの人は僕の事を間違っていると言いました。でもヘクトール兄さんだけは僕を正しいと言ってくれたんです。いつもは邪険にされますけど、僕が兄さんを大好きなのはそういうところです」
マイルーム会話「第三再臨以降の絆Lv.5」。Fate時空においてパリスがヘレネーを連れ帰って来たのは、彼女がメネラウス王に無理矢理結婚させられていた上に酷い虐待を受けていたことに憤慨したからだとされている。ヘクトールが弟を庇ったのはそんな正義感の強さを認めたからなのだろう。
「ヘクトール兄さん! よかった、元気そうで! 会いたいという願いが叶っちゃうなんて、カルデアは正に奇跡の場所ですね!」
マイルーム会話「ヘクトール」。兄との再会を素直に喜ぶこの台詞は、マスター冥利に尽きるものを感じる。
また、生前はこの時の姿で顔を合わせることがなかったことも含まれているのかもしれない。
「アキレウス! えっと、その……踵の件はごめんなさ……え? 『謝らなくていい? その顔を見ていると気が抜ける?』し、失礼ですね! 僕の顔を見てちゃんと戦意を掻き立ててくださいよ! ほら、ほら!」
マイルーム会話「アキレウス」。生前の行いを詫びるも、戦意喪失した姿を見て舐めてかかっていると思い怒りだす。
もっとも宿敵が子供の姿で現れれば困惑しない方が無理な気もするが。
「ペンテシレイアさん!? 仮面で見たことなかったのですが、素顔はこんなに……カッコよかったんですね! 憧れます!」
マイルーム会話「ペンテシレイア」。本人は純粋な気持ちで言ったのだろうが、周りからすれば後半の緊迫とハラハラは溜まったものではない。
「アルテミス、様……? アポロン様が怯えていらっしゃるので、どうやら正真正銘のアルテミス様のようですけど……ギャップが、凄いですね……」
マイルーム会話「アルテミス」。恋愛脳(スイーツ)満開な姿には、流石のパリスも困惑気味な様子。ちなみにアポロンが怯えているのは、言わずもがなオリオンを巡っての一悶着が原因である。

メモ編集

  • 項目にもある通り本来の全盛期である大人の姿ではないため、彼を知る関係者からは大いに困惑されている。特に兄のヘクトールとは赤ん坊の時に捨てられてしまって以来、パリスが成長して王宮入りするまではほぼ生き別れの状態だった。ちなみに原典によると、本来の二人の年齢差は2歳違いとされている。
    • この外見差のため両者が兄弟と言われてもピンとこないかもしれないが、宝具発動台詞の他、表情差分をよく見ると細かい部分で共通点を見出すことが出来る。
  • イメージモチーフに「羊」が使われているのは、ダビデロムルスと同じく生前当初は羊飼いだった頃の名残り。羊アーチャーとしてはアルテラ・ザ・サン〔タ〕に続く二人目のサーヴァントとなる。

脚注編集

注釈編集

  1. 1ターン
  2. トロイア王子としての本来の名はアレクサンドロス。ちょっと未来でアキレウスの息子とトロイア王女の血を引いていると自称したあの大王の元ネタである。
  3. アキレウスの両親であるペレウスと女神テティスの結婚式とする場合もある。
  4. もっとも、木馬が罠であると見抜いたトロイア市民が皆無というわけではなかった。アテナ(もしくはアポロン)神殿の神官ラオコーンは木馬を怪しみ、槍を突き立てるなどして内部を改めようとしたのだが、そこに海から巨大な大蛇が現れラオコーンと彼の二人の息子を絞め殺した。人々はこれを神罰と見て、木馬を受け入れることに賛成するようになったとされている。
    それ以外にも、バリスやヘクトールの姉妹であるトロイア王女カサンドラも木馬の引き入れに反対したのだが、彼女はかつてアポロンの求愛を断った報復として「カサンドラの言うことを誰も信じない」という呪いをかけられていたため無視された。

出典編集


リンク編集