メインメニューを開く

概要編集

Fate/Grand Order』に登場するキャラクター。

略歴
期間限定イベント『いみじかりしバレンタイン』にて登場。
チョコのせいでトランス状態に陥って異空間に飛ばされた紫式部の意識が偶然にも聖杯に接触した事で、二つに割れた聖杯の片割れから誕生。
紫式部の中の清少納言に対する「定子を失脚に追いやった中宮彰子や自分達を憎んでおり、枕草子を書く事でこちらを呪っていた」という被害妄想じみた思い込みを核としたために「紫式部を呪う存在」としての属性を持ってしまった。
そのため、聖杯の片割れの力でシャドウサーヴァントもどきを複数召喚し、自分とともに「『源氏物語』の登場人物を名乗る女性がチョコレートで非モテを弄び、人権を奪って虐げる」という悪趣味極まりない世界を形成し、紫式部への嫌がらせを始める。
最終的には、主人公と紫式部、そして聖杯のもう片割れから呼び出された清少納言の力で打倒され、聖杯の片割れごと清少納言に吸収される形となった。
人物
清少納言の第三再臨の十二単を着た姿をしているが、目は憎しみに淀んでいる。
自分がイメージされた「定子を追いやられ、紫式部と世界の全てを憎んでいる」という在り方のままに、全てに対して憎悪を向けており、清少納言の美しい固有結界が逆に毒になってしまうほど。
その一方で憎悪が後付けされたもののためか高い知性と妙に常識的な観念を持ち合わせており、フリーダムなところが強いオリジナルの清少納言には振り回されがち。
能力
戦闘時は巨大ゴーストの姿になるため、実力の程は不明。
本人の性格と「ロクジョウ」のイメージそのままに、呪いを多用した戦闘を仕掛けてくる。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

Fate/Grand Order
期間限定イベント『いみじかりしバレンタイン』にて登場。

人間関係編集

Fate/Grand Order編集

紫式部
自分を生み出した元となったサーヴァント。
「紫式部を呪う存在」として創造された為に非常に強い悪意を向けている。
清少納言
自分の形の元となった存在。
性格があまりにも違いすぎるため、フリーダムすぎる彼女にキレることも。
アオイオボロユウガオムラサキフジツボ
シャドウサーヴァントもどきとして召喚した存在たち。


名台詞編集

Fate/Grand Order編集

「そもそも、サーヴァントを昏倒させちゃうチョコって何よ?って話だけどさぁ」
自身の生まれた経緯、真相をマスターと紫式部に語る。言っている事がごもっともすぎる。毒耐性のない人間だったら死んでいたのでは……?
「おまえふざけんなよぉ!?」
紫式部とのやりとりの際、唐突に乱入してきて空気を読まない言動を繰り返す清少納言にブチ切れての言葉。
変な所で真面目というか常識人である。邪ンヌとイメージが重なるプレイヤーも多かったことであろう。


メモ編集

  • 名前の由来は『源氏物語』に登場する女性の一人「六条御息所」。作中では嫉妬心から生霊となり、紫式部の宝具「源氏物語・葵・物の怪」で描写されているシーンで葵の上を呪い殺してしまう。
  • 上記のように戦闘時は巨大ゴーストの姿となる。さすがにいろいろとパリピすぎる清少納言のモーションや言動を流用することは難しかったようだ。
  • 「紫式部がイメージした清少納言」という点では、過去のイベント『惑う鳴鳳荘の考察』に登場したジャンヌ・ダルク〔オルタ〕が演ずる「エリス」と共通点が多い。
  • 聖杯によって誕生した点はジャンヌ・ダルク〔オルタ〕と同じだが、ジャンヌ・ダルクには負の感情がなかった、大切な人を失った負の感情が「当時」の清少納言には存在していた(「本当はたくさん恨んだ」「置いてきたつもりが戻ってきちゃったか」)点と、彼女は故意に生まれたがこちらは無意識下において生まれたという点が違いだろうか。

脚注編集

注釈編集


出典編集


リンク編集