ヴリトラ

ランサー
真名 ヴリトラ
性別 女性
身長 169cm
体重 55kg
好きな物 歌、踊りなどの芸当
苦手な物 酒、泡風呂
天敵 インドラ
出典 『リグ・ヴェーダ』『マハーバーラタ』
地域 インド
属性 中立・悪
隠し属性
一人称 わえ
二人称 貴様
三人称 あの者
声優 朝日奈丸佳
デザイン La-na
レア度 ☆5
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要編集

槍兵」のサーヴァント

略歴
期間限定イベント『栄光のサンタクロース・ロード!』にて登場。物語の序盤から姿を現し、カルデアで配られていたプレゼントを封じた黒幕としてカルデア側を挑発してくる。
以降は彼女が作成した封鎖特異点を解放してゆくのを楽しみつつ眺めていたが、その間に聖杯に過剰に馴染んでしまい、必要以上に強くなった結果カルデア一行を圧倒してしまう。
仲裁に入ったアルジュナの取り成しで改めてヒマラヤ山脈で決着をつけることを誓い、カルナ〔サンタ〕とのタイトルマッチに臨む。
そこで自分の弱点である「泡」を武装化され、かつ「人が頑張るのを見るのが好き」という心を見抜かれ、僅差で敗北。
封印されたクリスマスプレゼントと最後の封鎖特異点を解放し、より素晴らしいものとなった内容物に喜ぶ一行を尻目に消滅した。
人物
半人半竜と言った体の、褐色肌のお姉さん。
一つの神話の主神と敵対する者とは思えないほどに親しみやすさを感じさせるような言動で邪気がないが、超越者として基本的に上から目線。
自分の気まぐれで神を含む他者に苦難を吹っ掛け、それで四苦八苦したり結果的に死んでしまったりするのをなんとも思わない傲慢さも持つ。
だが、その本心は、「苦難に遭い、苦しみながらも頑張り、最終的に障害を乗り越えて目的を達成する」という様子に喜びを覚えるドS。
その様子を敵役という特等席で見るためなら自分が負ける役として(本気で)立ち塞がることについても一切気にしない。
生前の経験からか歌や踊りが大好きで感動の沸点も低いが、逆に程度の上下については鈍い。
能力
インドラの敵として幾度となく立ち塞がるように、一つの神話の中で最高峰とも呼べる格を持つ強者。
「堰界竜」の名の通り、「堰き止める」権能を持ち、時間の流れを止めて世界を凍り付かせたり、空間を封鎖して絶対に開けないブラックボックスを作り出したりと多種多様な力を持つ。
戦闘時にはかつてインドラに叩き込まれたヴァジュラを持って戦う。

ステータス編集

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
ランサー 主人公 (Grand Order) C B A D A B 対魔力:A
竜種:A
穿貫せしヴァジュラ:A
宿命の神敵:A
永遠不滅の魔:EX

宝具編集

魔よ、悉く天地を塞げ(アスラシュレーシュタ)
ランク:EX
種別:対界宝具
レンジ:9~99
最大捕捉:1000人
ヴリトラの異称「アスラの中の最上のもの」の名を冠した宝具。
眷族、あるいは自分そのものの分体である魔の軍勢を用い、自らの存在意義通りに天地を覆い、対象を隔絶させる。
「ヴリトラは自らの身体で水を山に閉じ込めた」という伝承における「山」が「雲」のことでもあると解釈されるように、その様は不吉な雲が世界を覆い墜つるがごとし。
ヴリトラは邪竜であると同時に、アスラ(魔族)としても語られており、アスーレンドラ(アスラの王)との名も持つ。
マハーバーラタにおいては、ヴリトラに率いられたカーラケーヤやラクシャーサなどの魔族の大軍にインドラたち神々が苦しめられた描写も存在するため、
「何かを堰き止める」権能だけでなく純粋なる暴力の軍勢としても彼女はこれを行使できる。

真名:ヴリトラ編集

堰界竜(いかいりゅう)ヴリトラ。
『リグ・ヴェーダ』『マハーバーラタ』などに語られる蛇の魔神、あるいは邪竜。
その名は「障害」を意味し、水を堰き止め、干魃などを引き起こす力を持つとされる。
ヴリトラを打ち倒し、その水を解放するのがインドラ神である。ヴリトラは常にインドラの敵として描かれ、両者の争いは神話上、幾度となく繰り返されているという。
「障害」の概念そのものを体現した神霊であり竜種。世界を堰き止めるモノ。
サーヴァントとしてはそれが人の形に矮小化されて現界している。
干魃をもたらす悪神として語られることが多いが、「冬の巨人」として解釈されることもある。
厳しい冬のような「水のない(堰き止められている)状況」そのものを体現しているのがヴリトラという概念であり、
「それ(干魃や冬などの苦しみ)が破られ、水が解放されて雨が降るという状況」そのものを体現しているのが対となる雷神インドラなのである。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

Fate/Grand Order
期間限定イベント『栄光のサンタクロース・ロード!』開催と共に実装された。

人間関係編集

Fate/Grand Order編集

カルナ〔サンタ〕
期間限定イベント『栄光のサンタクロース・ロード!』で敵対した相手。
苦難を超え、サンタとして目的を果たすために挑んでくる「主人公」に対し、障害として立ち塞がった。
カルデア召喚後はランサーの彼共々インドラに翻弄されたにも関わらず恨んでいないことを愉快だと笑っている。
望月千代女
期間限定イベント『栄光のサンタクロース・ロード!』で障害として再現した存在。
謎のアルターエゴ・Λエリザベート・バートリー
期間限定イベント『栄光のサンタクロース・ロード!』で障害として再現した存在。
彼女たちの芸術を賞賛しつつも、本質的な部分までは完全には共感できずにいた。
清姫
期間限定イベント『栄光のサンタクロース・ロード!』で障害として再現した存在。
さすがに彼女については若干引き気味だった。
カーマ
期間限定イベント『栄光のサンタクロース・ロード!』でのカルデアからの協力者。
だが、彼女が「一部は嫌々ながら」協力したことから、内面を主人公らに推し量られるきっかけとなってしまった。
アルジュナアルジュナ〔オルタ〕
インドラの息子。存在諸々など色々な意味で興味を持っている。
ネロ・クラウディウス
歌に自信があるというので興味を持っているが、恐らくエリザベート同様本質的な部分を見ていない。
メドゥーサゴルゴーン
西の海の国の蛇神。本質が似ているため興味を持っている。
マルタケツァル・コアトル
『その気になれば竜にも乗れるぞ』みたいな顔をしているので近寄りたくないらしい。
パールヴァティー
同じインド神話に属する女神。
期間限定イベント『アキハバラ・エクスプロージョン!』ではメドゥーサ共々メイド喫茶を訪れ、芸事関連でサラスヴァティ―を召喚してもらいたがっていた。

生前編集

インドラ
対立関係にあるインドの神。彼の異名の一つ「ヴリトラハン」は「ヴリトラを殺す者」という意味である。
ラムバー
かつてインドラの使いとしてやってきた踊り子。彼女に夢中になってしまったことで死んでしまったという伝承もある。
サーヴァントのヴリトラが女性の姿をしているのは、彼女の姿を模しているとも、女性になることで女性に夢中になる轍を踏まないようにしようとしたとも考えられるが、真相は不明である。
なお別のイベントでメイドさんたちのダンスに夢中になっており同じ轍を踏まずに済むかは非常に怪しい。

名台詞編集

Fate/Grand Order編集

イベント編集

「わえは永遠不滅の魔、時の流れなぞに縛られぬ邪竜。
 何十分でも何時間でも付き合ってやれるぞ。ほれ、頑張れ、頑張れ……。」
バレンタインイベントにて、主人公に渡した素晴らしくおいしいチョコレート(細工箱入り)を食べるべく悪戦苦闘するところをベッドの上から眺めながら煽る。
ウィスパーボイスでの囁きで別の何かを連想したマスターも多かったとか。

メモ編集

話題まとめ編集

脚注編集

注釈編集


出典編集


リンク編集