メインメニューを開く

差分

聖杯戦争

81 バイト追加, 2018年10月12日 (金) 04:19
円蔵山がその内部に擁する大空洞「龍洞」に敷設された魔法陣「大聖杯」によって聖杯戦争のシステムは管理され、敗れた英霊の魂は小聖杯に回収される。<br>
小聖杯に大聖杯の起動に必要な魂が溜まると、「座」に帰ってゆこうとするサーヴァントを一気に解放することにより、その瞬間に僅かに開いた穴を大聖杯の力で固定し、人の身では届かない根源への道を開く。<br>
とはいえ穴を開けられたとしても、根源への道は遠く、望みのものは手に入らない。ただし、外側には誰も使っていない、地上とは比べ物にならない大量の<ruby><rb>魔力</rb><rt>マナ</RT></RUBY>が撒布されている。通常の魔術師ならばそれだけでも充分に奇跡と呼べるだけの成果。が撒布されているため、聖杯を手にしたものは無尽蔵の魔力を手に入れられる。通常の魔術師ならばそれだけでも充分に奇跡と呼べるだけの成果。
=== 用語 ===
;[[聖杯]]
10,089

回編集