メインメニューを開く
遠野シキ
読み とおの しき
誕生日 9月29日
血液型 A型
身長 178cm
体重 65kg
声優 吉野裕行(真月譚 月姫・青年期) / 本田貴子(真月譚 月姫・幼少期)
初登場作品 月姫
テンプレートを表示

目次

概要編集

遠野家の長男。秋葉の実兄で、第十八代目ロア転生体であり、遠野家ルートのラスボス。作中ではほぼ記事名の「シキ」で統一されているが、家系図では「四季」と表記されており、本編外ではこの漢字表記も用いられている。

略歴
遠野家の長男として生まれ、幼少時代を過ごす。
8年前、遠野の「人外の血」をより濃く継承していたこと、そこにロアの転生も重なったことで「人間遠野シキ」の意識が消えてしまい、幼くして反転。その場で衝動的に秋葉を攻撃、庇った志貴を殺害してしまう。掟に従って殺されかけるが、能力から志貴と繋がり生きながらえた。
一時的に反転が落ち着いたことで、当主の遠野槙久は息子を殺せず、幽閉に留められる。人格が人よりに戻るまでの緊急措置であり、人に戻った後で再び志貴と入れ替わる予定だったが、長男扱いになった(自分の居場所を奪った)志貴の存在、反転シキに襲われて壊れてしまっていた琥珀の嘘で遠野家への憎悪を募らせる。
人物
和服をザラっと着流した美形の青年。
現在の彼はロアというよりも「反転したシキ」。反転の際に人間・遠野シキの自我がほぼ壊れてしまった状態にあったため、転生先の人格をベースにするロアの顕現が正常に行なわれていない。ロアからは「人を殺せ」といった大雑把な方向性を示す指示がある程度。ロアが執着するアルクェイドを無視して、実妹秋葉に異常な関心を示す。
反転とロアの影響により本来の性格に比べ壊れているが、元々社会不適合者的な面はあった。天才肌で突飛な発想や歯に衣かけぬ言葉を用い、おしゃべりで図々しく、よほど優れた相手しか記憶しない我儘さを持つ、という非常に敵を作りやすい性格。だが志貴とはとても気が合い、お互い相手を親友と思っていた。
能力
混血としての能力は「不死」と「共融」。簡単には死なない体質で、傷ついた肉体を再生させるのではなく、その部分がなくても生きていけるように作り替える「拒死性肉体」を持ち、その「自身の肉体を自在に動かす」という性質を応用し、血液を硬質化・変形させて作る「血刀」を主な武器とする。
さらに、四季の混血としての能力の究極とも言える能力に、接触融合呪詛「蝕離」がある。「蝕離」は他人の肉体を摂取し、自身の肉体に還元する。端的に言えば臓器移植の何でもありバージョン。この能力で、槙久に殺されかけたものの、その前に志貴から命を奪っていた四季は生きながらえた。
もし吸血鬼にならなかったとしても、非常に死ににくい身体と他人の命を奪って生きるという、吸血鬼じみた能力を併せ持っていたわけである。なお、本来ならばロアが転生とともに習得しているはずの魔術の知識だが、転生が不完全だったことから持ってはいない。ただし吸血鬼化はしており、弓塚さつきを吸血して殺害、死徒に変貌させた原因は彼である。

登場作品と役柄編集

月姫
遠野家ルートのラスボス。
ちびちゅき!
所属不明(おそらく高等部)。こちらでも不真面目で、授業をさぼって外で寝ていたりする。

人間関係編集

月姫編集

遠野槙久
父。あまり反りが合わなかったため、志貴や秋葉の方に親愛を感じていた。
遠野秋葉
実妹。元々は普通の家族のような間柄だったが、反転の影響で過剰に愛情を寄せている。
遠野志貴
義弟。自分と同音なので、旧姓をとって「ナナヤ」と呼んでいる。かつては義兄弟というより親友のような間柄だったが、現在は強い憎悪の対象となっている。
ミハイル・ロア・バルダムヨォン
彼の18代目転生体。
琥珀
使用人。反転しかけて精神に異常が起きていた四季は当時彼女を痛めつけてしまい、その結果、八年間彼女に世話を受けながら薬物投与と嘘を吹き込まれ続けてしまう。天敵。

ちびちゅき!編集

ありすアリス
授業をさぼっていたところで出会う。秋葉の幼少期に似ているようで、一緒に遊んであげる。
だが、追いかけっこで遊んだ場所がよりによって名無しの森……。名前を奪われるトラウマが再発しなかったことを祈りたい。

メモ編集

  • ロアの意識が強く出た表ルートではロア(の転生体)、シキの意識が強く出た裏ルートでは遠野四季として扱われる。
    容姿・性格・能力等が違うが、どちらも肉体はシキの物。
  • スタッフ間の通称・ファンからの呼称は「ハルオ」。「葉」の兄であることからそう呼ばれるようになった。
  • 漫画版・MELTY BLOODから、魔術回路は平均的魔術師と同レベルと推察されている。
  • シキの肉体は、ロアから見てあまり良いものではない。
    それなりの名家ではあるが家督はすでに妹が取得済み。「不死」は復元呪詛を持った死徒からすれば価値のない効果であるし、血刀も傷を負う必要のない「吸血鬼の爪」がある。魔術師としても前述のとおり平均的とのことで、初代や先代が図抜けていたロアにとっては少々扱いにくいものと思われる。

話題まとめ編集

反転の経緯
魔の血がもともと強めであったシキ。親族にいる他の混血同様、「人間遠野シキの意志」が「鬼・遠野シキの意志」とせめぎあうことで反転を抑制していた。しかし、そこに「転生してきたロアの意志」が絡んでしまったのが問題で、「ロアの意志」で「人間シキの意識」が消されてしまったため、非常に早い段階で反転することとなってしまった。同時に、ロアの意識も「鬼の血」に阻まれてしまい、通常の顕在化ができなくなっている。
反転から8年、意識の壊れた状態を経て、表ルートではロアがなんとか顕在化、裏ルートでは反転シキとなる。なお、遠野家ルートの反転シキにもロアの意志は残っているものの、ベースとなるはずの人間シキが崩壊してしまっているため、破壊衝動・殺戮衝動を送り込む程度の弱い意志にしかならない。

脚注編集

注釈編集


出典編集


リンク編集