メインメニューを開く

概要編集

聖堂教会の依頼を受け、帝都での聖杯戦争に参加した魔術師

略歴
何らかの事情で聖杯が消失した第三次聖杯戦争から2年後に再出現した聖杯を巡って再度発生した聖杯戦争に対して、聖堂教会から依頼を受けて参戦。
だが、帝都に向かう列車の中でドイツ第三帝国の魔術師とランサーのサーヴァントの襲撃を受け、サーヴァントの召喚を試みるものの突如湧いてきた謎の少年こと赤城奏丈が召喚陣に触媒(ライトノベル)を落としたためにマスター権を取られてしまう。
人物
衰退の一途をたどる藤宮家の五代目当主。
黒いセーラー服を身にまとった、長い黒髪ときつい目つきの少女。
性格もかなり勝ち気のようで、聖杯の使い途を聞かれた際にも「世界征服」と言いかかっていた[注 1]
基本的には勝ち気ながらも面倒見の良い性格だが、魔術師としての側面もきっちり持ち合わせており、上記の少年が聖杯を使用することを示唆した際には即座にブチ切れて脅迫に出るなど、遠坂凛遠野秋葉を、より攻撃的で過激にさせた様な狂暴な一面も見せる。
能力
魔力を液体に込め、霧のように操る魔術を扱う。液体と鉱石の入った瓶を使って目くらましの霧を張る魔術を行使したり、同じような水晶入りの瓶で小規模の水蒸気爆発を発生させると示唆したりしている。
魔術師としてはごくごく普通レベルで特に凄腕というわけではない。

登場作品と役柄編集

Fate関連作品編集

帝都聖杯奇譚 Fate/type Redline
聖堂教会からの依頼で聖杯戦争に参戦した魔術師。

人間関係編集

帝都聖杯奇譚 Fate/type Redline編集

赤城奏丈
帝都の列車内で出会い一応助けた少年。未来の孫。不慮の事故から、マスター権を彼に取られてしまう。
セイバー
成り行きで共闘するが、上記の過程でマスター権を取られてしまっている上、本来呼びたかったセイバーと比べると格は大きく落ちるため、仲はあまり良くない。
アサシン
隠れ家を襲撃してきて「セイバー・坂本龍馬」を名乗ったサーヴァント。
凄惨な拷問を加えられるが、些細な違和感から騙りであることを見抜き、盛大に煽り返した。

名台詞編集

帝都聖杯奇譚 Fate/type Redline編集

メモ編集

  • Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚での遠野秋葉にあたるポジション。きつめの目つきや黒い長髪などが共通している。
    • 当初召喚触媒に使用しようとしたのもコハエース版同様に「全て遠き理想郷」のようである。……出所が不明瞭、かつ別のセイバーが別の触媒で召喚されてしまったようだが現在どこにあるのかなど今後語られることはあるのだろうか?
  • タイムスリップした赤城奏丈がサーヴァントを召喚しようとしていた彼女に偶然出会った、というのは些か不自然ではあるため、物語の冒頭に登場していた「赤城奏丈の父方の祖母」が彼女ではないかという疑惑が読者から持ち上がっていたが、その真相はすぐ第2話(その3)で明確になった。
    • また、セイバー召喚の触媒となったライトノベルの内容があまりにも召喚時の状況と一致している為、「聖杯戦争後にフィクションのふりをして彼女がそのライトノベルを書いたのではないか」という疑惑も存在している(少なくとも偶然で無ければセイバーの召喚を目撃していなければ書くことが出来ない)。
    • なお、奏丈の回想によると、老年の彼女は「若い頃の事故が原因で体が不自由だった」らしい。既にセイバーを名乗る青年によって指を三本飛ばされる事態になっているが、この後も酷い目に遭うことはほぼ確定しているようである。
  • 奏丈へサーヴァントのクラスなどの説明をする際にイラストを描いて説明していたが、絵心は結構独特。というか経験値の絵面そっくりである。孫からはカワイイと評され顔を真っ赤にすることになった。

話題まとめ編集

脚注編集

注釈編集

  1. 昭和20年当時日本は太平洋戦争の真っ最中なので、割とシャレになっていない。

出典編集


リンク編集