メインメニューを開く
カレン・オルテンシア
外国語表記 Caren Hortensia
性別 女性
身長 156cm[出 1]
体重 40kg[出 1]
スリーサイズ B75/W54/H77[出 1]
特技 祈り、悪魔祓い[出 2]
好きな物 トラウマつつき[出 2]
苦手な物 野蛮な男性[出 2]
天敵 特になし[出 2]
声優 小清水亜美
イメージカラー[出 2]
初登場作品 Fate/hollow ataraxia
テンプレートを表示

目次

概要編集

Fate/hollow ataraxia』でディーロ司教から冬木教会を預かった修道女。神父が居ない為、便宜的に司祭を務める。

略歴
ヨーロッパ南部の共和国で生を受けるが、1歳の時、母が自殺し、父も姿を消す。母は「カレン」という名前以外は何も残さず、母の死後に父が名乗り出ることもなかったことと、母が死病持ちであったことから、母がいきずりの男と娼婦のように関係を持って作られた子、というのが周囲からの定説になった。
身寄りが無くなったため、小さな教会の厳格な神父に預けられるが、行きずりの男と姦淫した母親を軽蔑する模範的で信仰深い神父は、預けられたカレンに対して出生そのものに罪があるとして愛を与えず、教育も洗礼も与えられず教会の下働きの立場で幼年期を過ごす。
8年の歳月が経ち、カレンの体に聖痕(スティグマ)が現れると神父は自分の手には負えないとして、聖堂教会の手によりシトーという名門修道院に引き渡された。そしてその体質が類い希な異能と認められ、代行者としての道を歩みだすこととなる。「教会から修道院にたらい回しにされ、そこで天職を得た」とアヴェンジャーは要約し、本人も簡潔さから人に語る時はそうするようになった。
登場当初は『hollow』4日目、無限の残骸とともに現れる。本編の彼女は「言峰綺礼」の位置にカレン・オルテンシアの情報をもぐりこませた存在。いわば「情報」だけであり、本体ではない。
人物
母から遺伝したアルビノで銀髪金眼。また「病魔に憑かれやすい」在り方も受け継ぎ、「被虐霊媒体質」という形で結実させてしまった。[出 3]
元はひたすら祈る性格だったが、冬木に来てから嗜虐的な面が本格化した。「他人の幸福は無性に潰したくなる」程のサディスト。毒舌で、人使いも荒い。
しかしその信仰心は壊れてはいても本物。その能力から傷ついていく体を、ただ在るがままに受け入れることが出来る程に無心の祈りを体現する。
能力
「被虐霊媒体質」と呼ばれる異能の持ち主で、「悪魔」に反応し、その被憑依者と同じ霊障を体現する。この時、体内から負傷すると共に性的興奮も得る。悪魔祓いにおいて初手、そして最大の難関とされる「隠れた悪魔を見つけ出す」段階において、自らの傷を持って悪魔を探知する、いわば鉱山のカナリア。
このため、常に生傷が絶えず、既に走ることもできない。右目の視力はほぼ失われ、味覚は激辛、激甘など極端なものでなければ分からない[出 4]。更に暴走した被憑依者に自身の身体を差し出す事で暴走を抑える役目も担っており、性的暴行を受けた事も少なからずある。
「男性を拘束する」という特性を持った聖遺物である「マグダラの聖骸布」の使い手。襲撃者を拘束したり、公園で平和を満喫する青年を釣り上げたりする。生物学的な性別ではなく魂の色で判別しているらしく、花札やタイガーころしあむではバゼットに使おうとしたり、カレンを着せ替え人形にしようと迫るキャスターに実際に使用したりしていた。
綺礼は魔術回路を持っていたが、彼女には受け継がれていない。[出 3]

別コスチューム/バリエーション編集

マジカルカレン編集

カレンが『フェイト/タイガーころしあむ アッパー』においてカレイドステッキの力で魔法少女に変身した姿。
杖の力で健康が回復し、通常のカレンよりも元気めに話す、お嬢系魔法少女。紙袋を被って正体を隠しているため、周りからは「マジカル紙袋」と呼ばれる。
武器はトゲ付き鉄球のモーニングスター。しかも敵に噛み付き、一部の技ではどこかで聞いたような声すら発する。
恐らく『MELTY BLOOD』収録の際に中田譲治氏が「マジカルアンバー」を「まるかじりアンバー」と読み間違えた事が元ネタ。
武器名は「ラブアースディザスター」。なんとも物騒な名前だが、持ち主の愛の重さに比例して重量を増すという点では魔法少女っぽい。
なお、彼女の愛は「全人類を殺したい程愛している」レベルなので、要は地球と同じ重さ。それこそ真祖でもない限りまともに受け止められない。

ベィビィ・カレン編集

カプセルさーばんと」にて登場。見た目は愛らしい赤ん坊だが黒幕。
シロウに助けられてからは衛宮邸ですくすくと育つらしい。パパはシロウで戸籍上はフジムラの娘扱いなんだとか。
海外から帰ってきたキリツグはこの年でおじいちゃん!? と勘違いして、アイリは子供が増えた事に大喜びして、フジムラはもうお前ら好きにしろや的境地という反応が三者三様だった。

言峰花蓮編集

帝都聖杯奇譚』にて登場。苗字がどこぞの麻婆神父と同じだが、基本別世界なので関連性は多分ないとのこと。
帝都での聖杯戦争においてランサーのマスターとして登場。「マグダラの聖骸布」も勿論装備している。
聖杯はあくまでも「ついで」であり、本来の目的は聖遺物「栄光の右手(ハンズ・オブ・グローリー)」の奪還とのこと。

登場作品と役柄編集

Fateシリーズ編集

Fate/hollow ataraxia
4日間の中での導き手。序盤は残骸とともに4日目の夜に現れるだけであったが、4日目を越えるというピースが埋まってからは真相を究明しようとする士郎に助言を与える存在となる。
PS Vita版のOPではそれまでラフでしか公開されていなかった私服も正式に登場した。
Fate/EXTRA CCC
名前のみ登場。桜の話によれば「自分が消えた場合の健康管理上級AIの後任はカレンという名前」らしい。
アルゴリズムに問題があるAIであり、マスターの命を優先せず、試練を良しとする性格をしている。桜曰く、彼女が保険委員として活動を始めたら主人公の生存率は一回戦時点で3%を切るらしい。ハードモードすぎる……。

Fate関連作品編集

フェイト/タイガーころしあむ
言峰に教会を奪われたカレン。もちろん、死刑。
フェイト/タイガーころしあむ アッパー
望むまま、冬木を混沌とさせて楽しむカレン。そこで、邪魔者になりかねないマジカルアンバーを、他の魔法少女に手伝わせて退治する。しかしそれは、アンバーの後継者、魔法少女マジカルカレンの誕生でもあった!
物語のキーパーソンで二重の意味での黒幕、かつ主人公。破壊された虎聖杯を秘匿・回収し「アヴェンジャーのサーヴァントの現界」という自身の願望を遂に成就させるが、消滅寸前と思われた父が「魔力供給がまだ不安定だったので不調だっただけ」と判明。動きを封じる為に切嗣一味を現界させるも、これらの悪巧みは悉く裏目に出る。
カレンルートの脚本は奈須きのこ氏であり、氏のカレン愛が暴走した結果、会話パートは1時間以上という膨大なものになっている(他のキャラはだいたい20~30分程度)。
カプセルさーばんと
妙に達観した死生観をもつ悟り系。世界を面白おかしくしてそれを暇つぶしに眺めようという漠然とした動機で大聖杯を起動した今回のラスボス。
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
Fate本編とは異なる並行世界の存在。学校の保険医。サド気質と毒舌は健在。スカートを穿いてないのはファッションだとか。
Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚
ランサーのマスター。

その他編集

ALL AROUND TYPE-MOON
アーネンエルベの店員だが今日は休日、と言っている。ある意味黒幕。
カーニバル・ファンタズム
EXシーズンに登場。マグダラの聖骸布を使い、ひよこのオスメスを判別するアルバイトで大金を手にする。相変わらず黒いままである。3rdのラストのアーネンエルベのパーティでは一人で2段重ねのデコレーションケーキを平らげており、同席していた遠坂凛遠野秋葉黒桐鮮花を絶句させた。
TMitter2015
ベィビィ・カレンとして登場。盛大な祭りとなった一日の最後を締めくくった。
ちびちゅき!
『hollow』版と『プリズマ☆イリヤ』版の2人が登場している。前者が生徒役、後者が保険医役。

人間関係編集

Fate/hollow ataraxia編集

言峰綺礼
以前、冬木教会を担当していた神父。本編では既に死んでおり会うことは無いが、番外編などで出会う際はたいてい同族嫌悪から嫌味の応酬になる。
ディーロ
彼から冬木教会を引き継ぐ。
ランサーギルガメッシュ
サーヴァント子ギルも度々酷い目に。
作中では令呪で従わせているとされていたが、後に令呪は持っていないことになった。自分無しでは現界できないことと殺されかかっても動じない態度の2点だけで言うことを聞かせている。[出 5]
衛宮士郎
冬木教会にて邂逅を繰り返し、彼を真相に導く。
『後日談。』では、困った際に頼る辺り好意はもっていそうだが、状況が状況だったため、実際のところどうなのかは不明。
アヴェンジャー
 ???
バゼット・フラガ・マクレミッツ
本編では一度対面するのみだが、『後日談。』以降はたびたびアヴェンジャーやランサーを巡って争う。何故か結束はある。
間桐桜
本編で最初に彼女の着任に触れる。教会の人が挨拶回りに来ると聞いて玄関先で待機していたが、待ちぼうけに。
『後日談。』ではカレンの好意=悪意のため、苦手にされている一方、本人は先輩と呼ぶ。
ライダー
夜、調査中の彼女に半ば事故で殺される。死ぬ前に彼女の人間への憎悪を見透かし、反転させかけた。
遠坂凛
『後日談。』ではカレンの好意=悪意のため、苦手にされている一方、本人は先輩と呼ぶ。
キャスター
ミニゲーム「トラぶる花札道中記EX」にて、幸せそうにしているのでぶち壊しに行き、彼女の年齢をバラしかけた。

まほうつかいの箱編集

ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
ドラマCD『狙われたアーネンエルベ』にて、アーネンエルベを乗っ取るように嗾す。
須方スナオ
ドラマCD『狙われたアーネンエルベ』にて、アーネンエルベから手を引くよう脅迫される。
ただのはったりと分かってはいたが別の理由で引き下がった。

プリズマ☆イリヤ編集

クロエ・フォン・アインツベルン
教諭と生徒。背景事情も察しているのか、突っ込んだほのめかしもしている。
クロからは「見透かされているよう」と苦手意識を持たれている。
美遊・エーデルフェルト
同上。この世界の出身ではないと知っているが、積極的には干渉していない。
美遊からもクロ同様に避けられている。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
同上。上二人同様出生の秘密を知っているが深く干渉していない。
イリヤからはちょっと変わった保健の先生程度に思われていた。
アイリスフィール・フォン・アインツベルン
普段は天真爛漫な彼女だが、裏の関係からかカレンに対しては明確に棘を持った接し方をする。
バゼット・フラガ・マクレミッツ
上記のようにランサーを巡る事情がないため、性格上馬が合わない仕事仲間という感覚で、交流もそこそこある。

帝都聖杯奇譚編集

ランサー
サーヴァント。
間桐少佐
彼の身柄を確保する。甲型英霊拘束具の仕様を聞いて、思わず駄洒落を漏らした。

その他編集

間桐臓硯
彼の弱点である日光を熟知している為、完全勝利も有り得る。[出 6]
間桐慎二
マグダラの聖骸布とトラウマつつきでズタボロにできる。[出 6]
藤村大河
作外で衛宮邸に食べに行く時に顔を合わせており、「わりといい子」と評されている。[出 7]
ミニゲーム「カプセルさーばんと」のあるEDでは彼女とシロウの娘になり、彼女の口から魂が抜けていた。哀れ、フジムラ。
シエル
現時点で面識は無いが、その内できるとか。[出 5]
ケビン
短編小説「某月某日。幸せな空の上で。」にて、飛行機の墜落を防ぐべく協力体制を敷く。

名台詞編集

Fate/hollow ataraxia編集

「ポルカミゼーリア」
口癖。イタリア語で綴りは「porca miseria」。意味は「みじめな雌豚」。海外、特にイタリア語圏では使わないように。
「――――――フィッシュ」
得意の聖骸布でバシューと釣り上げました。
士郎「なるほど。―――最悪だな」
カレン「同感です。まったく、誰に似たのやら」
「他人の幸福は無性に潰したくなる」というカレンの嗜好を知り、今まさにその被害に遭った士郎の感想に同意する。この時、共通の敵を見つけたような親近感に包まれたとか。
「前から思っていたけど」
「貴方、ロックスターみたい」
全てを終わらせるために月に登る主人公に微笑む。年齢不相応な面しか見せなかったカレンが唯一、少女らしいセリフと笑顔を出した瞬間。
「ああ、なんというコトでしょう。バゼットに唯一力で勝てるセイバーさんが負けを認めたら、もう先輩方に勝ち目はありませんね」
バゼットの衛宮邸への居候にセイバーが反対するが、決定権は家主の士郎にあるとバゼットが説き伏せる。落ち込むセイバーを見て悲しそうに祈るが、その口はふふふと実に楽しそうに笑っている。
「……駄犬の分際で主人に逆らうなんて。
 去勢するところだわ、この早漏」
自分とバゼットが似ていると発言した士郎に対して。嘘偽り無い本心が漏れた、との事。
「……勝つためには手段を選ばない、実に貴女らしい戦いでしたバゼット
 けど……じゃんけんのかけ声に死ね、というのは控えた方がいいと思うわ」
ごもっともな忠告である。

トラぶる花札道中記EX編集

「―――名乗る程の者ではありません。しいて言うのなら私は一介の取り立て人。今日は、貴方の幸せを集金に参りました」
「さあランサー、アーチャー。遠慮はいりません。もろともにやってしまいなさい」
カレンルートでキャスターに対して。ドSというか、最早悪魔の所業である。
「……はあ、飼い犬に手を噛まれるほど悲しいことはありませんね。ショックで胸を張り裂きそうです」
「……私ったらなんてはしたないのでしょう。こんなにも胸が高鳴るなんて、恋する乙女のよう」
「本当にたまらないわ。目の前の駄犬を四方八方めった裂きにしたくて、胸がドキドキしているんですからね」
バゼットルートで、アヴェンジャーに対して。ドSの本性全開である。
子ギルからも「言い訳のしようもないほど乙女チックなネクロフィリア」と称された。

フェイト/タイガーころしあむ編集

「さぁ、どうします?今教会を渡せば…痛い目にあうだけですみますよ。」
カレンルート。教会を奪った言峰に対し真祖と竜牙兵ぐらいの戦力差を見せつけての警告。なお、言峰は自分が同じ立場なら当然そうするとのこと。やはり似たもの同士である。
「貴方の名前を、もう少し付けておいてあげます…。」
「感謝してくださいね。」
同上。教会を言峰から取り返し名前を「カレン教会」とか「オルテンシア教会」に変えようと思ったが、なんの気まぐれか、しばらくはこのままにしておくようだ。
「あら?そこにいるのは行く先々で破壊をまき散らしている人間凶器ではないですか。」
バゼットルート。バゼットに対しての発言。ああ、あながち間違ってない認識だな。
「……むっ。失礼な、訂正してください。例えるならここのは産業廃棄物で、私は放射能露出ていどです。」
大河ルート。どちらもヤバイが放射能露出の方がよりタチ悪いような……自分の方が悪い意味で格上だと言いたいのだろうか。

フェイト/タイガーころしあむ アッパー編集

「…アヴェンジャー。売ってる花火よりも、打ち上げ花火の方が華やかで大きいですよ。
 わた……カレンと、見に行くといいです。出店もたくさんでるんですよ」
アヴェンジャールートより。「わたし」と言いかけてマジカルカレン(紙袋装備)である事を思い出し、あたかも他人のふりをしてそれとなくカレンを花火大会に誘うように仕向けようとしているが正体はバレバレである。
「……ふん。いいです、今はこの花火に免じて流します。……後で仕返ししてやるから……ばか」
上記の続き。デレるカレ…マジカル紙袋さん可愛い。
「不満に決まっていましてよ!?何が魔法少女ですの!?こんなスピンアウトの極北、メディアミックスの墓場みたいな色モノに、なぜ私が!?」
自分のシナリオで、突然の魔法少女化に大ブーイング。
「まあ。言ってほしいのライダー?誰にも分かる言葉で?ごまかしようのない事実を?大女同士で仲良くやっている貴方たちに?」
自分のシナリオで、笑いを堪えながらコンプレックスを刺激する。なんて生き生きしてるんだこのシスター。
「まあ――恥ずかしいですわ。そんなの、 殺したいほど思っている に決まっているでしょう?」
「もちろん――全人類を愛しています」
同上。背負える愛の重さによって重量が変わる武装、ラブアースディザスター。では誰をどれほど愛しているのか?と聞かれて。
要するに地球の重さそのものである。そのあまりの愛の重さに全員ドン引きした。――――――後に、もっとヤバい愛の持ち主が登場してしまうわけであるが。
「――はい。もちろん、私基準による、ディストピア的な意味で、ですが」
「ふ――見誤ったわねアンリ。カレン・オルテンシアなら貴方のお説教にしぶしぶ頷いたでしょうが、今の私は終末少女シスターカレン!」
同上。アンリに論され考えを改めた――と思ったらさすがだった。そして名乗るたびに変わる名前。

カプセルさーばんと編集

「いや、みんなキャラの価値が下がる呪いを受けているはずなんですが」
「だいたいがっかりな連中ばかりだったので、そんなに変化がなかったというかなんというかでしゅね……」
今回の黒幕として登場。程度の差はあれど、どのキャラも残念感が増していたのはカレンちゃんのせいらしい。
「ま、ましゃかこのわたちが……、や、やぶれりゅというのでしゅか……」
タチが悪いとはいえ、赤ん坊姿で舌足らずなしゃべり方で泣きそうな声がすごく可愛いので罪悪感が湧いてくるプレイヤーもいることだろう。
「これからは衛宮家の赤ちゃんとしてすくすく育っていく所存ですので以後よろしくでしゅ、ばぶー」
パパは小学4年生、衛宮カレンの誕生である。

カーニバル・ファンタズム編集

「……世の中、金です」
アルバイトで稼いだ大金で衛宮邸に泊めてもらおうとしたが、大金の前に取り乱した凛たちを見て世の理を学ぶ。
「やはり私こそがマスターにふさわしい。左腕を渡しなさいバゼット」
協会からの押し付けで露出が多い服装で試供品配りの仕事をしているバゼットと遭遇し弄りまくる。そして、最後の台詞を言うカレンの背後には見慣れた神父の姿が浮かんでいる。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ編集

「暇ね。危篤状態の重病人でも運ばれてこないかしら」
本作の表向きの顔である保険医にあるまじき台詞。更にこの後、保健室に運ばれてきたイリヤを軽い打撲と判断。
じゃあなんで気絶してるのかと聞かれ「そこはほら…脳…卒中…じゃなくて脳震盪…?頭打ってどうこうなる系のそんな感じのやつでしょうどうせ」
とあやふやな医療知識の元いい加減な処置で済ませたあげく「健康で元気な人間を見てると吐き気がする」と言ってクラスメートたちを追い払う。
「これは… ファッションです」
例の衣装をイリヤに「スカートを履いてない」と指摘され、若干赤面しながらの返事。本人も恥ずかしいらしい。
「ここは寄る辺を失った子供の泣き顔を間近で見られる私にとってのオアシスだからよ」
アニメ『ツヴァイヘルツ』第4話より。遊園地の迷子センターに居座る理由をイリヤたちに聞かれた返答。世界が違えど相変わらずである。

その他編集

「あなたたちはこの4月1日という時間、本来手には届かない“物語”を迎えました
 それはなんて幸福で、そして意味のないコトなのでしょう。蝋燭の炎のゆらめき。フィラメントの瞬きと変わりません。そして―――
 日々個別の意識として生きるワタシたちが、なんの理由もなく手を取り合うコトと何も変わらない奇跡でした
 以前、一日だけの幻を惜しむものもいました。でもそれは違うのです。わたしたちは毎日を惜しむべきなのです
 このウソの一日と同じように。二度と再現できないこの記憶を思い出にして」
2015年のエイプリルフール企画「TMitter2015」にベイビィ・カレンとして登場。何気ない毎日も大事にするべきという、随所にきのこ節が感じられるありがたいお言葉。

メモ編集

  • 法衣じゃない方の衣装がとにかく話題になりました(「商品情報」の項目を参照)。履き忘れたんじゃないんです。ああいう服なんです。
    • なお彼女がこの衣装を着ているのには「肉欲に憑かれた男性を興奮させた上で自分の身体を提供するため」、という割と洒落にならない理由がある。
  • キャラクターデザインはアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物「綾波レイ」を、武内崇氏なりに解釈したものが元になっている。件の法衣じゃない方の衣装も、同作でのパイロットスーツである「プラグスーツ」をモチーフにしている、らしい。
  • 埋葬機関第六位のミスター・ダウンの相棒に共通点が多いが、明言はされていない。
  • 『Fate/hollow ataraxia』後の彼女はその終生まで「暗黒の聖者」を追いかけ続け、最期の悪魔祓いが成った時その望みが叶ったのだという。[出 8]
    • ちなみに言峰綺礼は『Fate/complete material Ⅱ』において、アンリマユは『TYPE-MOONエース Vol.9』『Fate/Grand Order material Ⅲ』において「暗黒の聖者」と評されている。
  • 『Fate/stay night』では言峰の後任がディーロというところまでは同じだが、彼女が赴任するかは不明。

話題まとめ編集

言峰綺礼の娘説
作中、言峰綺礼の娘であることが示唆されている。
その性格や精神性、味覚を一端に「傷を開く」ことに適した魔術特性にも類似するものがあり、母親に纏わるエピソードでも言峰の過去と重なる部分がある。
さらに「スパイラルラダー」のシーンではアヴェンジャー(士郎としての知識を有する)が「オレ、あんたの父親の事を知ってるかもしれない」と発言している。
しかし、言峰が妻を亡くしたのは第四次聖杯戦争の3年前であり、その時点で連れ添った時間は2年であった。そして第四次聖杯戦争から第五次聖杯戦争までの期間は10年である。
以上の事から本当に彼の娘なら、作中のカレンは13〜16歳。和姦でも犯罪である。悪魔でなければ犯すべからず。
  • Fate/hollow ataraxia』のおまけゲーム「トラぶる花札道中記EX」のバゼット&アンリ編において、バゼットが「読んでいて不安になる筆遣いと行間の魔、間違いなくカレンの物」と断定したビラの文章が実際は言峰の書いたものであったり、アンリが言峰に向かって「娘さんをボクに下さい」と言う(言峰は「どちらか一つで満足しておけ」と返している)など互いの関係性が示唆されている。
  • 「カレン」という名前は気に入っている。父の国の言葉から貰ったものと彼女は言っており、「綺麗」と「可憐」をかけているという共通点もある。
  • 言峰、カレン、シエルに面識はあるかとの質問に対し、今のところないとの回答がある。[出 5]
    • 『カーニバル・ファンタズム』のEDで二人が目を閉じて視線を合わせていないのは、「出会ったことがない」という点について指摘があったため。
    • 『ALL AROUND TYPE-MOON』では、共演はしているものの、顔を合わせてはいない。カレンは一方的に綺礼を邪魔者として認識している。
  • フェイト/タイガーころしあむ』のカレンシナリオにおいて、言峰はカレンに「面影以外何も似ていない」と漏らしている。つまり言峰はカレンの親に心当たりがある。
  • フェイト/タイガーころしあむ アッパー』のセイバーライオンシナリオにおいて、セイバー&セイバーライオンとカレン&言峰が対決する場面のタイトルが「第7話 姉妹対親子」となっている。
    • 同シナリオのEDでも、仲睦まじく食事をとるセイバーとセイバーライオンに対し、お互いに嫌がらせをしながら食事をとる二人の姿が描かれた。嫌い合うのは仕方ないにしても、それを本来他人の家である衛宮邸で食事を頂きながらすることでは当然ない。
      流石の士郎も「こっちは本当に仲悪いな!お前らもう帰れ!」とツッコミを入れている。しかしおかわりのタイミングが被る等のことから、仲は良くないが気は合っているとも取れる。
  • フェイト/タイガーころしあむ アッパー』のカレンシナリオにおいて、切嗣から「案外気が合うんじゃないか、父親と」と言われた際は「宇宙が一巡しようとあり得ません」と怒りのコメントを出している。少なくともカレン自身自分の父親については知っているらしい。
  • カレンの魔術回路についての質問に対して、奈須は綺礼と親子であるという前提で回答している。[出 3]

商品情報編集

脚注編集

注釈編集


出典編集

  1. 1.0 1.1 1.2 『電撃姫』2006年3月号
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 『電撃姫』2006年2月号付録「TYPE-MOON DOUBLE MANIAX」
  3. 3.0 3.1 3.2 「Q&A」『TYPE-MOON Fes. オフィシャル パンフレット』
  4. 第2回『Fate/stay night』キャラクター人気投票-カレン 「オセチというものをご馳走してくれるのでしょう?」
  5. 5.0 5.1 5.2 「奈須きのこ一問一答-本編枠外の質問」『Fate/complete material Ⅲ World material.』p.136
  6. 6.0 6.1 「『Fate』Dream Battle Round2」『電撃姫』2006年6月号
  7. 「『Fate』Dream Battle Round3」『電撃姫』2006年7月号
  8. 「TYPE-MOON コメント」『Fate/complete material V Hollow material.』p.276

リンク編集