メインメニューを開く

フォーリナー(Foreigner)とは「降臨者」の英霊。エクストラクラスの一つ。

目次

概要編集

領域外の生命。この世界の外から来訪したとされる"異存在"。異邦からの降臨者。外宇宙からの来訪者。
本来であれば英霊ではない、サーヴァントと性質が酷似している「何か」。カテゴリ『人類の脅威』を持つ特殊霊基。
つい最近になって特例中の特例として正式に“霊基を持つ存在”として認定され、エクストラクラスの一種として扱われるようになったが、その発生条件はとても複雑で可能性は低いという。

現時点では「霊基を獲得した地球外の存在」「異星人のようなもの」というかなり広範な定義として落ち着いている。
故に「フォーリナー」の適性を持ちうるサーヴァントの由来は各々で異なっている。
確認されている限りでは表立って登場するのが別宇宙に棲む虚空の邪神の依代であるが、一人だけ地球外から訪れたコスモガーディアンという例外が存在している。

ここで言う虚空の邪神とは、宇宙どころか並行世界や異世界ですらない別次元、「この宇宙」ならざる領域に座す高次生命(深淵の邪神)のことであり、それらの干渉を受けてその性質を宿した者にクラス適性が備わる可能性があるという。
曰く『迷信より降臨せし者』、『虚空からの降臨者』、『世界観を乱す者』。
外宇宙の異常識そのものであり、地球の存在する「この宇宙」を支配する法則とは全く別の摂理を有する。故に「この宇宙」を基盤とする法則とは相容れず、裁定者の千里眼、魔術という根本原理、星を守護する抑止力であろうとも例外なくこの存在たちの前には無力となる。

これまで登場したのは以下5人。

名前 登場作品
アビゲイル・ウィリアムズ Fate/Grand Order
葛飾北斎 Fate/Grand Order
謎のヒロインXX Fate/Grand Order
BB (水着)[注 1] Fate/Grand Order
エウクレイデス Fate/Requiem

Fate/Grand Order』ゲーム上ではバーサーカーのクラスに有利かつ唯一の耐性を持つが、アルターエゴのクラスに不利で、フォーリナー同士では互いに2倍弱点を突き合うという相性となっている。

メモ編集

  • フォーリナー (Foreigner)とは一般的に「外国人」「異邦人」を意味する言葉だが、上記の通りFateでは「降臨者」の読み名に当てられている。地球を含む「この宇宙」にしてみれば、外宇宙は文字通りの「異邦」である。
  • クラスアイコンは恐らく「星」を象ったもの。地球外、即ち宇宙をイメージした代物と思われる。
  • フォーリナーの中でも『深淵の邪神』に魅入られたとされるアビゲイル・ウィリアムズ葛飾北斎は、第三霊基においてクトゥルフ神話の邪神の意匠を思わせる外見と生気を感じさせない肌へと変化する。
    ちなみに、「異端なるセイレム」に登場したラヴィニア・ウェイトリーにも類似色の肌が見られるが、作中の台詞から彼女も邪神の影響を受けて肌色が変化したものと思しい。
  • 葛飾北斎を見たBBは、フォーリナーを「狂気の内にありながら純粋さを失わない・あるいは狂気に呑まれながらそれを逆に呑み尽くした者」と定義している。ただしこの定義は後に登場した謎のヒロインXXの在り方とは無関係であり、「狂気の擬似的な克服」という要素はあくまで「深淵の邪神に干渉された存在がフォーリナーの資格を獲得する」ために必要な条件の一つと見られる。
    余談だが、謎のヒロインXXと同時期に登場したBB (水着)は、虚空の邪神と同調しXXから「フォーリナー」として追跡される身になっていながら、最終的なクラスはフォーリナーではなくムーンキャンサーのままとなっている。

話題まとめ編集

Fateにおける「降臨者」の存在
「フォーリナー」というエクストラクラスは『Grand Order』で初登場したものだが、「降臨者」という単語自体は『Fate/EXTELLA』で既に登場していた(曰く、遥か一万四千年前にムーンセルと地上にセファールが顕れた時、当時地球に降りていた他天体からの「降臨者」も蹂躙されたという)。
なお、「フォーリナー」に関連する『深淵の邪神』は他天体からの降臨者ですらない(根本的に摂理が異なる「外宇宙」の高次生命、要するに型月世界に属さない存在である)ため、『Fate/EXTELLA』にて示された「降臨者」とも異なる高次元の生命体である。
適性を持っている可能性のある英霊
最有力なのは、型月設定において実際に異界と繋がってしまったとされるフランソワ・プレラーティであろうか。
クトゥルフ神話内で「ニトクリスの鏡」が有名なニトクリスも候補ではあるが、本人が邪神と接触したことを示唆する描写は一切ないため、適性があるかは怪しいところ。
クトゥルフ神話に登場し、本作ではBB_(水着)が関わった可能性があるとされる高位の神「ナイアルラトホテップ」は多種多様に過ぎる化身を持っており、これらの化身を考慮に入れる場合は解釈次第で適性付与の対象となる英霊は大幅に増える。かの織田信長もその内の一人である。また「無貌の神」と呼ばれる顔のない漆黒のスフィンクスも化身の一つだが、オジマンディアスは顔が見えない宇宙柄のスフィンクス・ウェヘムメウストを保有している。
地球外の存在、異星人のようなものという意味では、『Fate』の世界観において遥か太古に小惑星に付着する形で飛来したとされている、ケツァル・コアトルを含む南米の神性も該当しうるが…。
とはいえ、現在フォーリナーとなっている英霊はいずれも、クトゥルフ神話とは『逸話の由来』といった程度にしか関連を持っていない為、現時点でその傾向を断言することは不可能ではある。

余談編集

ガチャの演出
『Grand Order』ゲーム内において、最初のフォーリナーのアビーが登場した当初はもとより、ヒロインXXが実装された2018夏時点でも星3以下のフォーリナーは存在しない。そのため、ガチャでフォーリナーのクラスカードが出たらそれは確実に金色(星4以上)であるが、それでも「一旦は銀色枠で出たと思わせて後から光って金色に変わる」演出が出る事がある。これはムーンキャンサーアルターエゴでも同様。

脚注編集

注釈編集

  1. サーヴァントとしてのクラスはムーンキャンサー

出典編集


リンク編集