真瓦津少佐

真瓦津少佐
読み まがつしょうさ
性別 男性
年齢 24歳
所属 大日本帝国陸軍
初登場作品 帝都聖杯奇譚 Fate/type Redline
テンプレートを表示

概要編集

帝都での聖杯戦争で、帝国陸軍陣営のトップとして登場した魔術師

略歴
帝都での聖杯戦争にあたって、大日本帝国陸軍から特別に招聘された魔術師。このため、身分としては厳密には少佐ではなく「少佐相当」である。
アーチャー陣営のトップとして、気難しいアーチャーの機嫌を取りながら帝国陸軍陣営を指揮しており、陸軍の兵士を使って対立陣営のマスターの暗殺を画策したり、日本の降伏を引き延ばすために陸軍幹部を暗殺したりと暗躍している。
人物
ウェーブがかった髪をして眼鏡をかけた、慇懃無礼な態度の怜悧な青年。
藤宮家とは比べ物にならないほどの歴史を持つ魔術師一族の一員であり、家伝の古い降霊魔術を使う魔術師。
ただし魔術師としての大成よりは一般社会での成功を望むなど、古いタイプの魔術師ではない。とはいえ、太平洋戦争に勝つ方法について「最初から魔術師に頼っていれば良かった」と言うあたり特権意識はあり、挙句「魔術師が支配する国を作る」という願いを聖杯に託そうとしているほど。その一方で、国の状況を考えれば仕方がないが魔術師なら当然気を払うべき神秘の秘匿にも無頓着であり、それらを総合して「純粋に傲慢なだけ」と見なされている。
価値観は魔術師とは少し異なっているが負けず劣らず冷酷であり、「国のために働く自分たちの邪魔をする奴は非国民同然」と嘯き、立場を利用して白昼堂々一般人を巻き込んで陸軍兵士を動員してマスターに銃撃を仕掛けたり、本土決戦を誘発する為に陸軍の穏健派幹部を暗殺してクーデターを誘発しようとしたりと相当な危険人物。
そういう価値観ゆえか降霊魔術の使い手ゆえか、英霊に対しても「所詮は過去の人物であり今の世界に口出しされたくない」と見下しており、アーチャーに対しても慇懃無礼に振舞っている。
能力
直接戦闘する描写はまだないが、それなりの魔術師ではあると思われる。
劇中では何らかの暗示魔術を仕込んでいると思われる葉巻を介して陸軍大臣の本音を聞き出していた。

登場作品と役柄編集

Fate関連作品編集

帝都聖杯奇譚 Fate/type Redline
帝国陸軍陣営の魔術師として登場。

人間関係編集

帝都聖杯奇譚 Fate/type Redline編集

アーチャー
自分たちの陣営のサーヴァント。
帝国陸軍を代表して対応しているが、アーチャーからは日本の状況から怒りを向けられており、彼としても慇懃無礼に振舞いつつ現在の日本に口出しされたくない故見下している。彼女の生涯についても裏切りで死んだ結末に「初めから人の上に立つ器ではなかった」と完全に馬鹿にしている。
いざとなったら下記のかなめを介して排除する気満々であり、それが無理な場合でも「アメリカとの本土決戦に参戦してもらって華々しく英雄的に死んでもらおう」と相当にドス黒い陰謀を抱いている。
赤城奏丈藤宮九十九
敵対するセイバー陣営のマスターと魔術師。
列車での接触後に潜伏場所と動向が掴めたため、陸軍兵士を動員して白昼堂々襲撃する暴挙に打って出た。
それ以降も経験の浅さと地盤のなさを見抜き、陸軍兵士による断続的な攻撃で削り殺す算段でいる。
かなめ
隣に付き従う海軍服の金髪の少女。アーチャーのマスター。
階級が下なのか顎で使っており、アーチャーの実質的な世話も彼女に任せている模様。
陸軍大臣
御前会議の直後に彼と接触し、暗示の魔術で「無条件降伏を飲むしかない」という本音を聞き出し、アサシンに暗殺させた。
挙句、その言葉を聞いていた運転手を犯人に仕立て上げて殺害して口封じし「和平派に暗殺された」と大噓をついて陸軍を扇動した。
ドイツ第三帝国の女性中尉、アサシン
同盟相手。アサシンの手を借りて、上記の陸軍大臣をはじめ穏健派の軍人を暗殺して回っている模様。

名台詞編集

帝都聖杯奇譚 Fate/type Redline編集

メモ編集

  • Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚での間桐少佐にあたるポジション。ワカメ髪に名残が見える。
    • 上記作品では召喚したバーサーカーのせいで生き延びたものの多大な被害を受けており、動向が心配されている。
      • また、経験値の当初のプロットではバーサーカーにあっさり殺された挙句マスターも別の人になるので、そちらのルートに行った場合には死んでしまうため、そちらの意味でも心配されている。
  • 1945年の日本という状況と、帝国陸軍の幹部という立場から、「真昼間から市街地で兵士を動員して拳銃や手榴弾で一般人ごとマスターを殺そうとする」という過去に類を見ないレベルで直接的に敵陣営を攻撃した魔術師である。
    • 聖杯戦争は暗闘がメインであり、一般人の目撃者を口封じで殺したり魔力源とするために大規模に殺傷することはあっても、ここまで直接的な干渉はそうそうない。


話題まとめ編集

脚注編集

注釈編集


出典編集


リンク編集