メインメニューを開く
ヴァン=フェム
外国語表記 Van-Fem
本名 ヴァレリー・フェルナンド・ヴァンデルシュターム
別名 魔城のヴァン=フェム
異名 財界の魔王
性別 男性
所属 死徒二十七祖
序列 第十四位
テンプレートを表示

目次

概要編集

死徒二十七祖第十四位、「魔城のヴァン=フェム」「財界の魔王」。

略歴
本名ヴァレリー・フェルナンド・ヴァンデルシュターム。最古参の三人のうちの一人。魔術師上がりの死徒。
財界の魔王。人間社会に関心を持ち、第一次大戦後から吸血手段を用いずに勢力図を増やしていくという試みを始めた変わり者。世界有数の巨大財閥のトップであり、闇の世界ではなく財界に君臨する魔王と呼ばれる。
トラフィム・オーテンロッゼは古いといって離反し、トラフィムとの関係は最悪。アルズベリを築きあげたのは彼の手腕だが、基本的には出資するだけの関係であり、トラフィムの仕切る儀式には参加しない。
人物
ここ数百年の趣味はエコロジー。瑣末事を好む。地球環境を憂えたりするあたり、わりと俗人。この頃はモナコにビルを構え、週に一度はカジノ船で人々の挑戦を受けているのだとか。
メレム・ソロモンいわく、「新しく、賢く、引き際を心得ている」。「ここのところ妙に堅物だったけど、昔の自堕落さが戻ってきたな」とも。
能力
精巧さにかけるものの巨大な物を作ることにかけては最高の人形師。七大ゴーレム『魔城』を創像する。
以前、白騎士フィナ=ヴラド・スヴェルテンと戦争になったおり第五城マトリを幽霊船団パレードによって攻め落とされてからはアルトルージュ派を嫌っている。

登場作品と役柄編集

月姫編集

the dark six(仮名) / Prelude III
直接登場しているわけではないが、メレム・ソロモングランスルグ・ブラックモアの会話の中で名前が出る。アルズベリの儀式に関して。

Fateシリーズ編集

Fate/hollow ataraxia
直接名前は出てこないが、宝石翁の宝石箱で繋がった携帯での会話に出てきた「フェムの船宴(カーサ)」のオーナーだと思われる。
Fate/strange Fake
直接名前は出てこないが、フラットのセリフに出てきたモナコの近く海にある大きなカジノ船のオーナーの死徒、フランチェスカのセリフに出てきた「モナコの金持ち吸血種」は彼のことだと思われる。
ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
セリフの中でのみ言及される。「実家の方で問題が起きた」と故郷のモナコへ帰省したフラットだが、ロンドンへ戻って来ての第一声がフェムの船宴で遊んできた感想だった。事件簿の劇中時点でフラットはミドルティーンの筈だが、どうやら特例で遊ばせてもらっているもよう。

人間関係編集

トラフィム・オーテンロッゼ
もとは同胞だったが、離反。以来、関係は最悪。
フィナ=ヴラド・スヴェルテン
マトリの破壊を根に持っている。
フラット・エスカルドス
「ちょっと色々あった」末に知り合いとなった。またその際当時未成年の彼をカジノに特別招待する見返りに彼の習得した魔術をいろいろ見せてもらったとか。
なお、エスカルドス家について知っており、彼の事は「エスカルドス家1800年の大望が成ったもの」と認識している。
フランチェスカ・プレラーティ
かつて「ギャフンと言わせたことがある」相手。

メモ編集

  • ちなみに「フェムの船宴」には、なんだか三年後の並行世界で衛宮士郎ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトの代理として参加しているらしい。また、「フェムの船宴」はモナコで開かれている。
  • 月の珊瑚に登場する7つある月面都市の第五都市の名前がマトリ。ヴァン=フェムの七大ゴーレム「魔城」の第五城マトリと同名となっているが関係性は不明。

話題まとめ編集

脚注編集

注釈編集


出典編集


リンク編集